ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スピア型攻撃」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スピア型攻撃」に関する情報が集まったページです。

最新動向を踏まえた分析が可能
面倒なログ分析は「AI」にお任せ 高度なセキュリティを手軽に実現するには
巧妙化するサイバー攻撃への対策としてログ解析に注目が集まる一方で、企業がログを十分に活用できていない現状がある。人工知能(AI)を使って世界中の知見を取り入れ、高度な分析を手軽に実現できるなら、どうだろう。(2019/6/14)

Android端末、iPadとiPhoneでセキュリティキーとして使用可能に
iOS端末で、Googleアカウントにログインするための2段階認証用セキュリティキーとしてAndroid端末が使えるようになった。(2019/6/13)

大規模なサイバーセキュリティ情報を横断的に分析して可視化 NICTがセキュリティ情報融合基盤を開発
NICTのサイバーセキュリティ研究室は、多種多様で大規模なサイバーセキュリティ関連情報を集約し、横断的に分析するセキュリティ情報融合基盤「CURE(Cybersecurity Universal REpository)」を開発した。(2019/6/7)

素早い「熊」や「千里馬」に負けないために:
感染から被害発生までわずか18分――CrowdStrikeが「1分で検知し、10分で調査を進め、60分で脅威から修復」を推奨
CrowdStrikeは「2019年版CrowdStrike グローバル脅威レポート」で、2018年に対応、阻止した約3万件の侵害事件を基に、侵入の糸口となる端末にマルウェアが感染してからシステム内で横展開が成功するまでの時間を「ブレークアウトタイム」と定義し、攻撃者グループの国ごとに比較した。(2019/6/6)

Computer Weekly製品ガイド
境界のないデジタルワークプレースの実現
セキュアなデジタルワークプレースの実現に向けた手順について紹介する。(2019/6/6)

ランサムウェアの攻撃が急増:
2019年も気が抜けない 第1四半期時点のサイバー攻撃をトレンドマイクロが分析
トレンドマイクロが公開した最新のセキュリティ報告書によると、2019年第1四半期(1〜3月)は、ランサムウェアによる攻撃が目立った。中でも法人を標的とするものが増えている。(2019/5/31)

14年分の「情報セキュリティ10大脅威」を振り返り “変わらない”5つの対策
情報処理推進機構(IPA)が毎年発表する「10大脅威」。過去14年分をまとめて振り返ると、脅威と対策の中で「変わったこと」と「変わらないこと」が見えてくる。(2019/5/29)

セキュリティにもコロンブスの卵? 無菌室を保つには:
PR:従業員にもIT担当者にも責任を押し付けない、ホワイトリスト式の対策を実現
サイバー攻撃に備え、多層防御や標的型攻撃メール訓練などの対策を講じてきた企業は多いが、それらは本当に効果を上げているだろうか。IT担当者と従業員に責任を押し付けているのではないか。そんな問題意識を基に、デジタルアーツが新しいセキュリティ対策を提案している。Webフィルタリングとメールフィルタリングの新機軸を紹介する。(2019/5/21)

業務で使うパスワード、使い回してない? 企業向けシングルサインオンツールに指紋認証機能 ISRが提供
インターナショナルシステムリサーチが提供するシングルサインオンサービスに、FIDO2準拠の指紋認証機能を追加したと発表した。(2019/5/21)

ASUSのクラウドサービス、マルウェア配信に悪用されていた
「サプライチェーン攻撃や中間者攻撃が、世界中でさまざまな攻撃者によって利用されるケースが増えている」とESETは警鐘を鳴らしている。(2019/5/17)

パスワード難読化を標準に:
サービス事業者の14%がパスワードを平文管理 フィッシング対策協議会
フィッシング対策協議会の認証方法調査・推進ワーキンググループが発表したインターネットサービス事業者が採用している認証方法についての調査結果によると、IDとパスワードのみの認証方法が大多数で、パスワードを平文で管理している事業者が14%あった。(2019/5/17)

人のいらない自律的なSOCを実現:
PR:守るべきデータが増え続ける時代に求められる、AI/機械学習を活用した新しいセキュリティプラットフォームの姿とは
ネットワークやエンドポイントといった個別の領域ごとにサイロ化したセキュリティ対策は、多過ぎるアラートやログデータに振り回され効率的に機能しなくなっている。パロアルトネットワークスは1つのプラットフォームに集約する仕組みで、この課題を解決しようとしている。(2019/6/3)

PR:「もしかして、五月病?」 “どんより空気”の社内を変えるヒントはどこに?
(2019/4/25)

複雑なデジタル署名の仕組みが裏目に
PDFを気付かれずに改ざん? デジタル署名を無意味化する手口
ボーフム大学の調査によって、PDFビュワーの署名検証機能に脆弱性があることが判明した。PDFのデジタル署名機能は、ファイルや署名の改ざんを検出できない可能性がある。(2019/4/20)

リスク別セキュリティ製品ガイド
サイバーリスク対策を「未知と既知」「内部と外部」で分類 役立つ製品は?
企業を狙ったサイバー攻撃が後を絶たない。サイバーリスクを的確に把握して被害発生を防ぐために、「内部起因」「外部起因」、および「未知」「既知」の軸に沿ってサイバーリスクを分類し、それぞれの対策を考える。(2019/4/15)

ソーシャルエンジニアリング攻撃に備える
「偽のフィッシングメール」の効果的な使い方
エンドユーザーによって引き起こされるセキュリティ脅威は、ソフトウェアでは防ぎきれない。本稿ではフィッシングやマルウェアなど、IT担当者が従業員に周知すべき脅威と、セキュリティ教育の方法について考える。(2019/4/4)

金銭の要求やIoTデバイスへの攻撃を防ぐ
結託する攻撃者、「野良IoTデバイス」が踏み台に サイバー犯罪の事例と対策
2018年の国内サイバー犯罪は金銭狙いの事例が目立った。IoTデバイスの普及に伴い、それらの脆弱(ぜいじゃく)性を突いた攻撃も盛んになっている。各分野における具体的な事件の例と対策を紹介する。(2019/4/2)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第17回】
「人の脆弱性」がセキュリティ最大のリスク どうやって「最悪の事態」を想定する?
どれだけシステムにセキュリティ対策を施しても、最後に残るのは「人の脆弱性」。全社員に「情報漏えいが起きたら大変なことになる」と意識付けるにはどうすればよいか――ポイントは「情報の洗い出し」です。(2019/4/1)

Microsoft 365で実現! Windows 10のモダン管理(第2回):
PR:Windows 10のメンテナンス 更新プログラムの管理もMicrosoft 365におまかせ
本稿では、Windows 10の「モダン管理」を3回にわたって解説します。前回は、Windows 10をモダン管理するにあたり、最初のハードルとなる「展開と設定」について解説しました。今回は、管理者が最も関心を寄せる「更新プログラム」について考えていきたいと思います。(2019/3/29)

Mostly Harmless:
拾ったUSBメモリをPCに挿す人は何割いる?
企業のセキュリティ対策が進んだ昨今、あえて、アナログな方法ともいえる「ソーシャルエンジニアリング」で人間の“脆弱性”を狙う手口が増えているとか。その危険性をおさらいしましょう。(2019/3/27)

これからは継続的な脆弱性チェックが必須に:
PR:日常化するWebサイトの脆弱性を突く攻撃――“すぐそこにある脅威”に企業がとる最善の方法とは?
FinTechやIoTなど、デジタル変革の取り組みが進む中、Webサイトの更新サイクルはますます速まっている。同時に、攻撃者が新しいサービスに潜む脆弱性を見つけ出し、それを悪用する動きも加速している。これまでの手動の脆弱性検査では追随できなくなっているのが現状だ。そうしたWebサイトの現状にいま、求められるセキュリティサービスとはどのようなものなのか。(2019/3/27)

『徳丸本 第二版』についても直撃:
「前例のないGW10連休、セキュリティ上どう備えるべき?」専門家、徳丸浩さんに聞いた
10連休を迎える2019年のゴールデンウイーク、改元に合わせて想定される具体的なリスクと対処法とは――情報セキュリティ専門家の徳丸浩さんに詳しく聞きました。(2019/3/20)

LGWANのセキュリティ強靭化施策
現場の負担を増やさずにマルウェア感染リスクを下げるセキュリティ強化策は?
多くの自治体がセキュリティ強靭化に取り組んでいる。だがLGWAN環境における無害化処理の煩雑さや、マルウェア対策ソフトウェアがパソコンに与える負荷など、さまざまな課題が依然として残る。現実に即した、もう一歩先の対策はないだろうか。(2019/3/18)

Windows 7に未解決の脆弱性、Google Chromeのゼロデイ攻撃で組み合わせて悪用
Google Chromeで発覚したゼロデイ攻撃では、その時点で未解決だったChromeの脆弱性と、Windowsの未解決の脆弱性を組み合わせて悪用していた。(2019/3/12)

Citrixのネットワークに不正アクセス、国家が絡むサイバースパイか FBIが捜査
FBIは国際サイバー犯罪集団による不正アクセスと見て捜査している。攻撃には、弱いパスワードを突く「パスワードスプレー」と呼ばれる手口が使われた公算が大きい。(2019/3/12)

ランサムウェア+標的型攻撃=? 新たな攻撃、被害は数百万ドル
海外で「標的型ランサムウェア」による被害が広がっている。ランサムウェアというと「脆弱性が存在するPCやIT機器を無差別に襲うもの」というイメージもあるが、違うタイプという。対策は。(2019/3/12)

セキュリティソリューションマップ2019――新しい環境に適した新しいセキュリティ製品の在り方とは
サイバー攻撃の拡大はとどまるところを知りません。働き方改革の広がりを支える「モバイルデバイス」や「Wi-Fi」は、デスクトップPCや有線ネットワークと比べて、セキュリティ対策が甘い場合も少なくありません。本特集では、企業のセキュリティ担当者やシステム管理者の方々に向け、モバイルを中心としたさまざまな「セキュリティソリューション」の最新動向を紹介します。(2019/3/6)

プロキシをオンプレミスからクラウドに移行することでよりセキュアに:
PR:実現すべき“クラウドシフト”に“働き方改革”、そのときネットワークに起きている課題とは
コスト削減や柔軟な働き方を可能にするクラウドシフトは良いコトずくめのように思える。しかし、「ネットワークが重くて使えない」「セキュリティが不安だ」といった新たな課題も浮上した。それをまとめて解決するにはどうすればいいのだろうか。(2019/3/1)

サイバー攻撃の手口に変化? ランサムウェアや“勝手にマイニング”減少、カード情報の流出増加
シマンテックが18年の脅威動向をまとめたレポートを発表。18年は他者のPCリソースを悪用して勝手に仮想通貨の採掘を行う「クリプトジャッキング」や、ランサムウェアによる被害が減少した。その一方で、ECサイトなどから顧客のカード情報を盗み出す「フォームジャッキング」が増加した。(2019/2/27)

Microsoftの月例更新プログラム公開 既に攻撃が発生しているIEの脆弱性も
IEの情報流出の脆弱性については、攻撃の発生が確認されているほか、Exchange Serverの特権昇格の脆弱性など4件については、事前に情報が公開されていた。(2019/2/13)

セキュリティ対策、現場の負荷を減らす道は:
PR:頑張れだけでは持たない、ひとりCSIRTの悩み
マルウェア感染で業務が停止するリスクがある今、セキュリティ対策に取り組む必要性を感じる企業が増えてきた。だが、「よろしく頼む」と現場に指示するだけでは、ただでさえ他の業務を抱えながら対応している担当者がパンクするだけだ。解決策のヒントを探る。(2019/2/6)

攻撃者をシステムの隔離領域に誘導:
データやリソースを盗む攻撃への新たな対策を考案、ミズーリ大
米国ミズーリ大学工学部などの研究チームが、データ窃盗(APT)やリソース窃盗(APM)といった標的型攻撃に対抗する新手法を考案した。APTへの対応とAPMへの対応はほぼ正反対になっている。(2019/2/5)

FAニュース:
セキュリティ脅威から生産ラインを守る工場セキュリティ製品
シーイーシーは、生産ラインの制御機器やシステムをセキュリティ脅威から守る「ICS Defender」を発表した。セキュリティ監視とサイバー攻撃に対するセキュリティ対策により、制御システムの遅延や停止を防ぐ。(2019/2/4)

ITmediaエンタープライズセキュリティセミナー:
ダークウェブサイト「Silk Road」運営者逮捕の理由から学ぶOPSECのヒント
サイバー犯罪事件のニュースからOPSEC(運用上のセキュリティ)のヒントを得るにはどうすればいいのか。Planetway Japanの竹田氏が「ダークウェブ」の実態や、現在はテイクダウンされたダークウェブサイト「Silk Road」の捕り物劇を紹介しながら、OPSECのポイントを考察した。(2019/1/30)

サイバー攻撃への対処の要否、AIが数十秒で自動判断 損失防止や業務継続に期待――富士通研究所の新技術
富士通研究所は、サイバー攻撃を受けた際、対処の要否をAIで自動判断する技術を開発。シミュレーションでは、専門家による対処要否判断と比較して、約95%の一致率と、要対処の攻撃事案の見逃しゼロを達成。また、判断にかかる時間を数時間〜数日間から数十秒〜数分に短縮できるという。(2019/1/25)

“データレスPC”で重要データを扱うPCのセキュリティを強化――ジャパンネット銀行、横河レンタ・リースの「Flex Work Place Passage」を導入
ジャパンネット銀行は、クライアント環境のセキュリティ強化を目的に、横河レンタ・リースのデータレスPCソリューション「Flex Work Place Passage」を導入。重要なファイルでもクラウド上にデータがあることを意識することなく、PCで扱えるようになった。(2019/1/15)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(33):
“自分ごと”として「ランサムウェア」についてもう一度考えてみよう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は、企業組織や工場などを狙うランサムウェア攻撃の最新動向と、代替機によるバックアップ&リストアを行う際の注意点を紹介する。(2019/1/15)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
社長へのメールを秘書が開いてマルウェアに感染!? 標的型攻撃の実践演習「サイバークエスト」を模擬体験
知り合いからのメールだと信じて添付ファイルを開き、さまざまな情報が流出してしまった――そんなシナリオを演習形式で体験できる「サイバークエスト」。これを模擬体験できるセッションが、ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーで開催された。(2019/1/7)

「システムズエンジニアリング」の視点で整理
NISTの「サイバーレジリエンス」14カ条に書かれていること
セキュリティ対策を進める上で重要になるのが、侵入後の対処に焦点を当てた「サイバーレジリエンス」の強化だ。本稿では、NISTが明らかにした14種類のサイバーレジリエンス手法を紹介する。(2018/12/28)

標的型攻撃が変化:
特定ユーザーを狙った標的型攻撃が登場、Sophosの2019年版脅威レポート
Sophosは2019年版の脅威レポートを発表した。標的型ランサムウェア攻撃が不特定多数ではなく、特定組織を狙った計画的なものに変化しつつあり、身代金として数百万ドルを奪うことがあると指摘。サイバー犯罪者はWindows標準のシステム管理ツールを使用していることなどを明らかにした。(2018/12/26)

企業の弱みを握る
高額な身代金を要求する標的型ランサムウェアが増加 ソフォスの2019年予測
ソフォスが発表した「2019年版脅威レポート」によれば、標的を絞った「標的型攻撃」においてランサムウェアを使う事例や、攻撃対象であるOSの組み込み管理ツールを使った「環境寄生型攻撃」が今後増加するという。(2018/12/26)

世界の防衛産業やインフラを狙う新手の攻撃、日本を含む87組織が標的に
バックドア型マルウェアの「Rising Sun」は10月〜11月にかけて、世界の87組織で発見された。(2018/12/13)

Microsoft、12月の月例更新プログラム公開 IEやWindowsに深刻な脆弱性
今回の更新プログラムでは39件の脆弱性が修正された。IEやWindows、.NET Framework、ChakraCoreなどに、「緊急」の脆弱性が存在する。(2018/12/12)

特集:セキュリティリポート裏話(10):
攻撃ターゲットはITからIoTへ――NICTER、13年の観測の歴史に見る変化とは
サイバーセキュリティの世界では、とかく派手な手法が耳目を引き、いろいろな言説が流布しがちだ。しかし情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究所では、あくまで「データ」に基づかなければ適切な対策はできないと考え、地道に観測プロジェクトを続けてきた。(2018/12/11)

被災想定は「もし」から「いつ?」へ
企業の25%がサイバー攻撃される時代、外せないBCPの要素とは
万が一に備えたBCP(事業継続計画)にも、サイバー攻撃への備えが必要になってきている。災害対策とは異なる視点とは。(2018/12/10)

半径300メートルのIT:
悪質ランサムウェアでシステムがダウン! どうすればいい? ――専門家が語る“意外な対処法”
誰かのPCやシステムから重要なデータや機能を奪い、身代金を要求するランサムウェア。その手口がますます功名化する一方、被害者の採るべき対処法も変わってきています。(2018/12/4)

特集:セキュリティリポート裏話(9):
2018年も「金銭狙い」で変化続けるフィッシング、最新の手口は
世の中で知られるようになってから10年以上が経つが、いまだに被害が減るどころか、スマートフォンの普及によって新たな手口が登場しているフィッシング。月次・年次で報告をまとめているフィッシング対策協議会に最近の動向と対策を尋ねた。(2018/11/28)

ランサムウェアに感染しても、あなたの会社は事業を継続できますか?:
PR:BCPの観点でサイバー攻撃対策をトータルに支援
サイバー攻撃はもはや情報システム部門だけの問題ではない。事業停止や、サプライチェーンへの被害拡大など、社会に大きな影響を及ぼしかねない経営課題となっている。ネットワークやエンドポイントといった個々の「防御策」にとどまらず、事業継続の観点からインシデント発生後の対応など含めた対策を検討すべき時期に来ている。(2018/11/28)

標的型攻撃対策、URLフィルタリング、コンテンツフィルタリングを統合:
PR:社内外の脅威から“手間なくミスなく”ビジネスを守る方法
標的型攻撃などのサイバー攻撃が相次ぎ、情報漏えい事件・事故が多発している。しかし企業を取り巻くセキュリティ脅威は外部からの攻撃だけではない。ビジネスメール詐欺(BEC)、フィッシングサイトへのアクセスなど、企業内部に起因するリスクも確実に抑えなければならない。企業規模を問わずセキュリティ人材が限られている現実に対し、“社内外の脅威”から効率的・効果的に自社を守るにはどうすればよいのだろうか? 1999年に提供開始した「GUARDIANWALLシリーズ」で多数のユーザーに知られるセキュリティソリューションの老舗、キヤノンITソリューションズに話を聞いた。(2018/11/28)

Mostly Harmless:
Red HatがIBMを乗っ取る!?
巨大企業IBMがRed Hatを買収したわけですが、実は助けを必要としているのはIBMのほう……?(2018/11/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。