ニュース
» 2014年03月06日 07時15分 UPDATE

GnuTLSに脆弱性、主要なLinuxディストリビューションに影響

攻撃者が不正な証明書を使って証明書チェックをかわし、正規のWebサイトやサーバを装って中間者攻撃を仕掛けることが可能だという。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Red Hatなどの主要Linuxディストリビューションに使われているオープンソースのSSL/TLSライブラリ「GnuTLS」に脆弱性が見つかった。通信に割り込む「中間者攻撃」に使われる恐れがあることから、米US-CERTは3月5日にセキュリティ情報を出し、脆弱性解決のためのアップデートを適用するよう呼び掛けている。

 GnuTLSチームのアドバイザリーによると、脆弱性はGnuTLSの証明書チェック機能に存在する。この問題を突いて細工を施した「X509」証明書を利用すれば、証明書チェックをかわし、正規のWebサイトやサーバを装って中間者攻撃を仕掛けることが可能だという。

 脆弱性を修正するためには、GnuTLS最新バージョンの3.2.12/3.1.22にアップデートするか、2.12.x向けのパッチを適用する必要がある。

 この脆弱性は、Red HatでGnuTLSの監査中に見つかったといい、同社も「Red Hat Enterprise Linux 6」向けにGnuTLSの脆弱性を修正するアップデート版のパッケージを公開した。GnuTLSはほかにもDebianやUbuntuなどのLinuxディストリビューションにも使われている。

rhel01.jpg Red Hatのアドバイザリー

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -