ニュース
» 2014年04月01日 15時32分 UPDATE

XPとOffice 2003のサポート終了まであと8日、IPAが提示する乗り換えプラン

IPAでは4月9日に迫ったWindows XPとOffice 2003について、乗り換えプランや継続利用の条件を示した。

[ITmedia]

 Microsoftによるサポートが4月9日に終了するWindows XPとOffice 2003について、情報処理推進機構(IPA)は1日発表したセキュリティ注意喚起の中で、別のコンピュータ環境への乗り換えや継続利用する場合の方法を紹介している。

 XPとOffice 2003のサポート終了とは、両製品に対するMicrosoftの修正プログラムが提供の提供が4月9日で最後になること。翌10日以降にXPやOffice 2003に脆弱性が見つかっても、修正プログラムは提供されず、脆弱性が放置されたままになる。脆弱性を悪用するサイバー攻撃などに対して無防備になり、マルウェアに感染して情報を盗み取られたり、ほかのコンピュータに対する攻撃の踏み台にされたりする恐れが高まる。

ipa0401-1.gif サポート中とサポート終了の違い(IPAより)

 IPAでも「サポート終了製品の使用は推奨しません」と明言している。やむを得ず利用する場合、外部と一切データをやり取りしないことが絶対条件とし、具体的には「インターネットに一切接続しない」「LANから切り離す」「USBメモリなど外部記録媒体に一切接続しない」こと。安全な使用例としては「ワープロ専用機」「オフラインのPCゲーム専用機」を挙げる。

 XPからの乗り換えでは目的に応じて3つのパターンを提示し、予算の目安や方法、メリット/デメリットを紹介する。またアップグレードを検討する場合は、Microsoftが提供しているチェックツールを利用するのも手だ。

ipa0401-2.gif XPからの乗り換えパターン(IPAより)

 また、Office 2003の乗り換えではOffice 2007/2010/2013の各バージョンが対象になるが、予算などの制約がある場合は、オープンソースソフトウェアや他社製のオフィスソフトも選択肢になる。ただし製品によっては、ファイルの表示内容がOfficeとは異なったり、一部機能を利用できない場合がある。

 このほかに、IPAの注意喚起では「よくある相談」と回答も紹介。「セキュリティソフトが入っていれば、XPを使い続けても安心?」との質問には、「脆弱性を解消できなくなり、危険な状態」と解説している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ