ニュース
» 2014年04月03日 14時16分 UPDATE

SDNは“ブーム”から“現実”へ一歩前進――IDC

ネットワーク仮想化に対する注目が高まる中、IDCでは「SDN」が導入の現実感を帯びつつあると分析している。

[ITmedia]

 IDC Japanは4月3日、ネットワーク仮想化に関する国内市場動向の分析結果を発表した。「SDN(Software-Defined Network)」は2012〜2013年にブームに沸いたが、導入の現実感を帯び始め、データセンター分野で2017年に342億3400万円規模の市場が形成されると予想している。

 IDCによると、ネットワークの適応領域によって「SDN」が指すものが、明確に使い分けられ始めているという。先行しているのがデータセンターで、この分野のSDNではクラウドサービスを提供するネットワークの機能を迅速で効率的に実現するための機能が整理され、アーキテクチャも大筋で収束してきている。一方で、企業ネットワークにおけるSDNは、ネットワーク機器の一元管理と論理ネットワークの面的拡大と捉えられているとみる。

 また、通信事業者におけるSDN(キャリアSDN)や「NFV(Network Functions Virtualization)」に関する議論は遅れてスタートし、適用範囲が特定分野に絞り込まれてはいないが、通信事業者からの期待は高いという。IDCは2017年の市場規模を、キャリアSDNで366億5600万円、NFVで560億4900万円と見込んでいる。

0403idc01.gif 国内SDNエコシステム市場 売上額予測、2012年〜2017年(出典:IDC Japan)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -