レビュー
» 2014年04月09日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:VMware vSphere導入手順書──仮想化導入時に検討すべき10のポイント

仮想化導入時にサービスのダウンタイムやデータ損失など、従業員、顧客、ビジネスに影響を及ぼす可能性がある問題を回避するには、仮想環境への移行を入念に計画することが重要だ。検討すべき10のポイントを手順を追って解説する。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 「物理サーバから仮想環境にワークロードを移行することで、コストを削減し、ITの効率性とアプリケーションの可用性を向上できる」。こうした仮想化のメリットは広く普及してきたが、実際に導入する際、トラブルなくかつメリットを最大限得るためには注意すべきポイントが幾つかある。特に、サービスのダウンタイムやデータ損失など、従業員、顧客、ビジネスに影響を及ぼす可能性がある問題を回避するには、仮想環境への移行を入念に計画することが重要だ。

 このホワイトペーパーは、VMwareの仮想化ソリューションを導入する際に検討すべきポイントを、手順に応じて10個挙げて説明している。物理環境から仮想環境への移行の準備から、ハードウェアとOSの互換性確認、共有ストレージのサイズ設定と管理、将来を見据えた仮想化/設計の計画まで、手順を追って解説している。仮想環境への移行を計画する際にぜひ参考にしてほしい資料だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -