ニュース
» 2014年04月30日 06時00分 UPDATE

IBM Impact 2014 Report:モバイル+クラウドでビジネスはどう変わる? 先進企業が事例披露 (1/3)

約9000人が出席する「IBM Impact 2014」が開幕。モバイルや同社が2月に発表したβ版PaaSの「IBM BlueMix」を利用して新ビジネスに挑戦する企業の取り組みが紹介された。

[國谷武史,ITmedia]
ibmimpact00.jpg 前回より1000人以上も増えたIBM Impact 2014。非常に大規模なホテルの会議場ながら、来場者で会場が埋め尽くされるくらいになっている

 IBMの年次カンファレンス「IBM Impact 2014」が米国時間の4月28日、ネバダ州ラスベガスのベネチアンホテルで開幕した。今年は約9000人のパートナー企業やユーザー企業の関係者が出席。モバイルやクラウドをフル活用して新規ビジネスをスピーディーに展開する企業事例が紹介された。

モバイルが必須条件に

 「どんな企業もモバイルを避けて通ることはできない」――カンファレンス初日は、同社が掲げる「MobileFirst」という新たなコンセプトが強く打ち出される内容となった。MobileFirstとは、モバイルを起点に新規ビジネスの創造、あるいは既存ビジネスを大きく変革することを指す。ここでは例えば、社員がモバイル端末を駆使して業務効率を向上させるものから、モバイルの顧客接点を存分に活用して収益機会を拡大させるものまでが含まれる。

 同社が昨年に世界で実施したある調査によれば、明確なモバイル戦略を持つ企業は回答全体の半数未満だったが、明確なモバイル戦略を持つ企業とそうではない企業を比較すると、明確なモバイル戦略を持たない企業は幾多のビジネスチャンスを逃していることが分かったという。

ibmimpact01.jpg Tangerine Bankのチャラカ・キスールゴーダCIO

 初日の基調講演には、このMobileFirstを既に体現している企業事例が登場。まず登壇した金融大手INGグループのTangerine BankでCIOを務めるチャラカ・キスールゴーダ氏は、IBMとのパートナーシップによるオンラインバンキングのモバイルアプリ開発について紹介した。

 同社ではモバイルアプリの開発からサービス提供基盤において、IBMの統合型開発基盤であるWorklightやPureApplicationsなどを活用する。オンラインでの振り込みや決済などの処理において非常な高度な安全性が要求される一方、モバイルアプリのバージョンアップなどは迅速に展開しなければライバル企業に後れをとってしまう。キスールゴーダ氏は、「IBMの提案を受けてわれわれは、End to Endにおけるアプリのリリースサイクルを6週間から2週間に短縮することができた」とその協業による効果を語った。

 Worklightを生かしたアプリ開発では、AppleのPassbookとの連携や音声認識、また、オフライン環境で決済処理の進ちょく状況を確認できる機能などを次々に実装していったという。これらの機能強化では堅牢なセキュリティ対策を確保しつつ、迅速に提供することが求められるが、デザインのパターンやカタログ、アプリの品質を確保するためのテスト機能などを最大限に活用しているとのことだ。

 キスールゴーダ氏は、「もはや『MobileFirst in the Box』という段階に来ている。IBMとの協業を推進していく」と述べている。

ibmimpact02.jpg IBMソフトウェア&クラウドソリューションズ担当のロバート・ルブラン上級副社長

 Tangerine Bankでの取り組みを受けて登壇したIBM ソフトウェア&クラウドソリューションズ担当上級副社長のロバート・ルブラン氏は、「スマートフォンユーザーの85%が自身の端末を肌身離さずに利用しているといわれる。将来、企業は一人ひとりの顧客に最適化した体験を提供し、これを通じて自社のビジネスを常に変革し続けていかないといけない」と話した。

 そのためには、テクノロジーを駆使してあらゆるビジネスプロセスを変化させ、あらゆるデータからリアルタイムに洞察を得て、迅速に意思決定を行っていく。また、IBMが「Systems of Record」と呼ぶ基幹システムに蓄積されてきた情報と、「Systems of Engagement」と呼ぶモバイルやソーシャルなどから得られる情報の密な連携、活用も加わる。

 ルブラン氏は、こうしたビジネスにおける新たなアプローチを「Composable Business」と表現した。Composable Businessの起点になっているのがモバイルであり、同社がMobileFirstを強力に推進する理由でもあるようだ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -