ニュース
» 2014年06月03日 07時37分 UPDATE

WordPressのSEO対策プラグインに脆弱性

「All in One SEO Pack」に存在する脆弱性悪用された場合、検索結果ページの表示順位を意図的に下げられたり、管理用コントロールパネルに不正なJavaScriptコードが挿入されたりする恐れがあった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 WordPressで作成したWebサイトのSEO(検索エンジン最適化)対策に使われるプラグイン「All in One SEO Pack」に脆弱性が見つかり、修正のための更新版がリリースされた。セキュリティ企業のSucuriが5月31日のブログで明らかにした。

 Sucuriによると、All in One SEO Packには権限昇格とクロスサイトスクリプティング(XSS)の2件の脆弱性があり、同プラグインの修正前のバージョンを導入している全サイトが影響を受ける。

 悪用された場合、ログインしたユーザーがAll in One SEO Packの特定のパラメータに手を加えることが可能だった。SEOタイトルやWebサイトに関する説明内容、キーワードのメタタグなどが変更され、検索結果ページの表示順位を意図的に下げられる恐れもあるという。

 もう1件の脆弱性では管理用コントロールパネルに不正なJavaScriptコードが挿入され、管理者アカウントのパスワードが変更されたり、バックドアが仕込まれたりする恐れがあったとされる。

 この脆弱性は、All in One SEO Pack最新バージョンの2.1.6で修正されたとみられる。

wp001.jpg All in One SEO Packの最新版が公開されている

関連キーワード

SEO | 脆弱性 | WordPress | プラグイン


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -