ニュース
» 2014年06月11日 07時12分 UPDATE

Google、衛星企業Skyboxを5億ドルで買収──Project Loon推進へ

“残り50億人”のためのインターネット網プロジェクトを推進するGoogleが、小型低軌道衛星による画像サービスを手掛けるSkybox Imagingを買収すると発表した。Google Mapsの精度向上だけでなく、インターネット接続と災害救助に役立てるとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]
 skybox

 米Googleは6月10日(現地時間)、小型衛星による画像サービスを手掛ける米Skybox Imagingを買収することで合意に達したと発表した。買収は現金で行い、総額は5億ドル。

 Skybox Imagingは2009年創業のカリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置く非公開企業。自社開発した小型地球観測衛星Skysatによる衛星画像サービスを提供している。Skysatは約100キロの光学系地球観測衛星で、高度約600キロの宇宙空間から解像度1メートル以下の静止画像/動画を撮影できる。2018年までに20機以上を打ち上げる計画としている。

 skybox 小型衛星Skysat

 Googleは発表文で、「Skyboxの衛星はGoogle Mapsを最新の画像で正確に保つことを助けてくれるだろう。将来的には、Skyboxのチームの技術により、インターネット接続と災害救助を支援できるようになると期待している」と語った。

 Googleはインターネットが普及していない地域へのインターネット環境提供のためのプロジェクト「Project Loon」に取り組んでおり、Skyboxの衛星をこのプロジェクトで活用するようだ。

 Project Loonは気流に乗って漂う気球に取り付けたアンテナでインターネット網を構築するというものだが、Googleは4月、このプロジェクトを強化する目的でドローン(無人機)企業Titanを買収した。

 米FacebookもGoogleとは別に世界を覆うインターネット網構築プロジェクトに取り組んでおり、こちらは当初からドローンと衛星でネット網を構築するというものだ。

 facebook Facebookのインターネット網構想

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -