レビュー
» 2014年08月26日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:何が違う? システム導入の進化形「クラウド導入サービス」とは

システム導入時の課題は、導入環境をクラウドで提供する「クラウド導入サービス」で解決できる。構築コスト削減、運用負荷軽減、BCP/DR対策をカバーする新しい導入スタイルだ。

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 「導入負荷が大きい」「短期間で導入したい」「首都圏から離れておりベンダーを選べない」「緊急時にすぐ対応してもらえない」など、システム導入時の課題は少なくない。

 その課題に対する答えの1つが「ZeeMクラウド導入サービス」だ。人事給与・会計のシステム導入をクラウドで提供するサービスで、サーバ調達や構築が不要でシステム導入時の負荷を軽減する。利用料金方式のため構築コストを削減できる。遠隔地や緊急時にもSEがリモートで対応するなどBCP対策も万全だ。また、導入期間中でもデータバックアップサービスを利用でき、導入完了後はクラウドサービスを継続するか自社サーバへ移行するかを選択可能だ。

 本資料では、システム導入時の課題と、クラウド導入サービスの効果をそれぞれ箇条書きにして分かりやすく解説。導入から本番運用まで効率よく迅速に作業が行える環境を提案する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -