ニュース
» 2014年09月12日 08時00分 UPDATE

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:「PC貸して!」の頼みを振り切るエレガントな回答術 (1/3)

前々回に掲載した「あなたのセキュリティの“センス”を問う6つの質問」の答え合わせを続ける。論理的思考な人が陥りがちな問題点を解説しよう。

[萩原栄幸,ITmedia]

 今回は、前々回に掲載した「あなたのセキュリティの“センス”を問う6つの質問」の解説を続けよう。最後に挙げた例題6に対する答えは、実は奥が深い。

例題6:あなたは某大学の女子学生です。友人のA君が「PCが故障しているので、1週間ほど貸して!」とお願いしてきました。さて、あなたはどんな行動をしますか。その行動をした理由について述べてください(制限時間10分)。

 前々回に記載した通り、この答えは「筆者の経験では100人いれば20種以上の回答があり、10種類は正解という感じだ」である。質問の主旨を「エレガントな回答を求む!」と理解してもらっても構わない。筆者が研修などの場で実際にこの問題を出す際には、口頭で次のようにお話している。


 あなたは都内の某私立大学の3年生です。どこにでもいるごく普通の女性です。ただ、中学、高校と陸上部に所属していたので、スタイルだけは多少自信をもっといます。現在は理工学部でバイオサイエンス関連の研究室に所属し、講義を受けながら就活をしている。出身は山形であり、いまはアパートで一人暮らしをしています。同じ研究室にはA教授、B准教授、大学院生が3人、4年生が2人、3年生が5人います。この様な環境である日、院生のM君がこう切り出しました――。

「自分のノートPCを落として壊しちゃったよ。メーカーに問い合わせをしたら、まだ保証期間内なのでタダで対応してくれるらしいけど、修理に10日から2週間くらいかかるって……。その間にA教授から頼まれた論文を1つ提出しなければいけなくてさ。学内なら大学の貸与パソコンでなんとかなるけど、自宅じゃ作業できなくてね」

「君はノートパソコンを2台持っていたよね。その間だけでも1台を貸してくれないかな? Officeがあれば大丈夫。ネットは僕のスマホで何とかするし。ちょっとだけどお礼もするよ。学食のA券5枚、いや10枚あげるからさ」


 こういう感じで依頼されれば、同じ研究室仲間なのでついつい貸してしまうのではないだろうか。「いいんじゃないですか」「親切に貸してあげるべきでは?」と思われた女性読者がいるかもしれない。しかし、筆者はこの裏に隠れた“怖さ”を知っている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ