ニュース
» 2014年12月17日 07時35分 UPDATE

Google、Gmailで新しいセキュリティ仕様に対応

Content Security Policyでは不正な拡張機能やマルウェアによる危険なコードの読み込みを防止できる。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Googleは12月16日、クロスサイトスクリプティング(XSS)などWebサイト経由の攻撃のリスク軽減を目的とした仕様「Content Security Policy」(CSP)をデスクトップ版のGmailでサポートしたと発表した。

 同社によると、Gmail向けの一部拡張機能の中には、Gmailのセッションに干渉するコードを読み込んでしまうものがあるほか、メールのセキュリティを脅かすマルウェアも存在している。CSPではそうした拡張機能による危険なコードの読み込みを防止できるという。

 主要な拡張機能は既にCSPに対応済み。もし拡張機能に関して問題が生じる場合は、ブラウザのWebストア(Google Chromeの場合はChrome Web Store)から最新バージョンをインストールするよう促している。

gglesec01.jpg 拡張機能はChrome Web Storeから入手できる

 CSPはChrome(バージョン25以降)のほか、Mozilla Firefox(23以降)、AppleのSafari(7以降)などの主要ブラウザでサポートされている。

関連キーワード

Gmail | XSS | ブラウザ | Firefox | セキュリティ標準


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ