レビュー
» 2015年02月24日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:オープンソースが金融サービスを変える

IT支出の削減、業務効率化を求められているのは金融業界も同じだ。大手銀行もコストのかかる商用アプリケーションから、オープンソース採用が加速している。金融業界におけるオープンソース採用の利点と課題を見ていこう。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 2008年の金融危機以降、欧米の銀行は効率化、コストカット、新たな規制遵守の圧力を受け、IT予算削減を余儀なくされている。そのため、商用ライセンス提供されるソフトウェアを、オープンソースソフトウェア(OSS)で代用する低コストソリューションの採用が加速している。また、スマホやタブレットといったモバイルアクセスの需要増や、強化された規制要件遵守のための新規アプリケーションの開発もOSSへのシフトを後押ししている。

 本資料では、クレディスイス銀行の元チーフアーキテクトが、金融サービス業界におけるオープンソース利用について解説するインタビューを掲載。銀行がOSSを採用する理由と主要導入プロジェクト、抱える課題とリスクについて語る。金融サービスのITへのOSS導入は、コスト低減と生産性向上、品質改善につながるが、そのためには業界特有のニーズに合わせた適切なソリューションの導入と慎重な統制が求められるという。金融サービス業界のIT部門はもちろん、経営企画担当者にも見ていただきたい内容だ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -