ニュース
» 2015年03月23日 07時40分 UPDATE

Apple、OS X Yosemiteの脆弱性を修正

「セキュリティアップデート2015-003」ではOS X Yosemite(10.10.2)に存在していた2件の脆弱性を修正した。

[鈴木聖子,ITmedia]
apsec01.jpg Appleの告知

 米AppleはOS X Yosemite(10.10.2)の脆弱性を修正する「セキュリティアップデート2015-003」を3月19日付で公開した。

 同社のセキュリティ情報によると、今回のアップデートでは2件の脆弱性を修正した。このうちiCloudキーチェーンの脆弱性では、データ処理方法に複数のバッファオーバーフロー問題が存在していて、ネットワーク特権を持つ攻撃者に任意のコードを実行される恐れがあった。

 また、IOSurfaceの型の取り違え(type confusion)に起因する脆弱性では、悪質なアプリケーションがシステム特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがあった。

 なお、今回のセキュリティアップデートには、Appleが3月9日にリリースした「2015-002」の内容も含まれるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ