ニュース
» 2015年05月25日 19時58分 UPDATE

37564ポートスキャン急増、攻撃の踏み台探す?

オンラインゲームのユーティリティツールがインストールされたコンピュータが狙われている可能性がある。

[ITmedia]

 警察庁は5月25日、37564/TCPに対するポートスキャンが急増しているとして注意を呼び掛けた。オンラインゲームのユーティリティツールを導入している一般のコンピュータを標的としている可能性があるという。

 同庁によれば、ポートスキャンは4月中旬から継続的に行われ、5月中旬頃に急増した。同ポートへのアクセスでは接続先のコンピュータがプロキシとして動作するかを確認する行為がみられ、実行者がサイバー攻撃の踏み台に悪用できるコンピュータを探しているもようだという。

portacces01.jpg 37564/TCPポートへのアクセス数の推移(警察庁より)

 37564/TCPポートは、国内のあるオンラインゲームのユーティリティツールがプロキシとして使うように初期設定されている。警察庁では外部からのアクセス制限がしていない場合に、このユーティリティツールがオープンプロキシとして動作することを確認している。

 ユーザーが意図せずコンピュータでオープンプロキシを動作させてしまっていると、サイバー攻撃者の踏み台にされてしまう恐れがある。警察庁では(1)ファイアウォールなどの機能で外部アクセスを制限する、(2)不用意にOSのファイアウォール機能を停止させない――といった対策を紹介している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ