ニュース
» 2015年06月24日 18時32分 UPDATE

Boxに保存したコンテンツ、Watsonで分析も――IBMとBoxが提携

IBMとBoxが、クラウドを活用した企業の業務変革を進めることを目的とするグローバルパートナーシップを締結した。

[ITmedia]
Photo

 米Box(以下、Box)が6月24日、IBMと提携することを明らかにした。Boxは、企業向けクラウドストレージサービス提供する企業。今回の提携を契機に、多様な業界をターゲットとする新ソリューションの開発に取り組む。

 両社は、「企業業務の変革」「国際的なリーチとセキュリティ」「新規コンテンツ・リッチアプリケーションとソリューション」の3分野で提携するとしている。

Photo 「企業業務の変革」「国際的なリーチとセキュリティ」「新規コンテンツ・リッチアプリケーションとソリューション」の3分野で協業する

 企業業務の変革分野でBoxは、コンテンツのキャプチャや抽出、分析、ガバナンスなど、IBMが持つ企業コンテンツの管理機能を統合する。Boxに保存されたコンテンツに、“自ら学習する”IBMのスーパーコンピュータシステム「Watson」を活用することで、より詳細な企業分析を可能とする機能を提供するほか、IBMのビジネス向けメールソリューションIBM VerseとソーシャルネットワークプラットフォームIBM ConnectionsにBoxの機能を統合する。

 国際的なリーチとセキュリティの分野では、Boxのユーザーが保有するコンテンツをIBM Cloudに保存できるようにする。また、IBM Global Business Servicesの専門家による専門的な企業コンテンツ管理のスキルを利用し、クライアントによるBox機能の既存データおよびシステムへの結合、統合を促進する。セキュリティ面では、脅威の検出や異常の識別、モバイル機器管理、身元保護に対するIBMのセキュリティ技術を利用してサービスの充実を図る。

 新規コンテンツ・リッチアプリケーションとソリューションの分野では、コンテンツ管理ソリューションを共同開発し、Boxの技術を一部のIBM MobileFirst for iOSアプリケーションに統合する。またIBMは、企業の開発者がBox APIをIBM Bluemix開発者のクラウドに統合し、さまざまなWebアプリやモバイルアプリを構築できるよう支援する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ