ニュース
» 2015年07月01日 07時16分 UPDATE

iOS、OS X、Safariの更新版公開 セキュリティ問題にも対処

「iOS 8.4」と「OS X Yosemite 10.10.4」、「Safari」「Mac EFI」の更新版がリリースされ、多数の脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]
aplsec01.jpg Apple Musicもスタートしたが、セキュリティ上の脆弱性も多数解決した

 米Appleは6月30日に公開した「iOS 8.4」で、多数の深刻な脆弱性に対処した。同時にOS XとMac EFI、Safariの脆弱性を修正する更新版もそれぞれリリースされた。

 iOS 8.4は、iPhone 4s以降とiPod touch(第5世代)以降、iPad 2以降が対象となる。5月に発覚した「Logjam」と呼ばれるTLSプロトコルの脆弱性を修正したほか、中国の認証局China Internet Network Information Center(CNNIC)によって不正な中間証明書が発行されていた問題に対応して、問題の中間証明書が発行される以前に発行された証明書のサブセットのみを信頼できる証明書として扱う仕組みを追加した。

aplsec02.jpg セキュリティアップデートが公開された製品一覧

 この他にも、任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性が多数修正されているほか、HTMLメールの内容が任意のWebページに書き換えられてしまう問題や、細工を施したWebサイトによってアカウントを乗っ取られる恐れがあるSafariの脆弱性など、相当数の脆弱性が修正されている。

 また、「OS X Yosemite 10.10.4」と、OS X 10.8.5(Mountain Lion)/10.9.5(Mavericks)を対象とする「セキュリティアップデート2015-005」でも、Logjamの脆弱性やCNNICの証明書関連の問題を含めて多数の脆弱性に対処した。

 Safariの更新版となるバージョン8.0.7/7.1.7/6.2.7は、それぞれOS X Yosemite/Mavericks/Mountain Lion向けにリリースされ、アカウント乗っ取りや任意のコード実行などにつながる脆弱性4件に対応した。「Mac EFIセキュリティアップデート2015-001」はOS X Mountain LionとMavericksを対象として、EFIフラッシュメモリの改ざんや権限昇格に利用される恐れのある2件の脆弱性を修正している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -