レビュー
» 2015年07月01日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:「ITコストの7割が運用管理費」の現状を打破するためのブレードサーバの進化

仮想化によりハードウェアのコスト削減が進む中、IT運用管理コストのさらなるコスト削減を進めるためにはOpenFlowやOpenStackといった新技術への対応が必須となる。次世代データセンターに求められるサーバの要件とは?

[TechTargetジャパン運営事務局]

 クラウドやビッグデータ、ソーシャルネットワーク、モバイルデバイスなど次々と登場してくる新たなテクノロジーを取り込み、ビジネスに活用していく努力は、企業競争力の強化には不可欠だ。しかし、企業活動の基盤であるIT環境はなかなか変われずにいる。ITコストの7割を占めるともいわれる運用管理費用が足かせとなり、ビジネス変化へのレスポンス良い対応、急拡大するデータ量への対処、セキュリティの強化、エネルギー利用の効率化といった目の前にある課題に対しての取り組みは遅れがちだ。新しく登場したテクノロジーの取り込みにも、多くの企業が苦労している。

 本書では、そうした現状を打破するために進化を遂げたブレードサーバ「HP BladeSystem」の概要を解説する。大規模な仮想化の導入などによりハードウェアのコスト削減が進んでいる今、次にフォーカスすべきはソフトウェアでネットワーク制御を可能にする「OpenFlow」や、クラウド基盤技術「OpenStack」への対応だ。こうした最新テクノロジーと親和性を高めるために、HP BladeSystemはどのように進化したのか。詳しく解説していこう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ