ニュース
» 2015年07月28日 07時54分 UPDATE

Androidに極めて深刻な脆弱性、MMSで端末制御可能に

Googleは修正のためのパッチをメーカーやキャリア向けに提供済みだが、ユーザーへの配信は各社に任されている。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Android搭載端末の電話番号さえ分かれば、不正なMMSメッセージを送り付けて被害者が知らないうちに端末を制御できてしまうという極めて深刻な脆弱性が報告された。Googleは修正のためのパッチをメーカーやキャリア向けに提供済みだが、ユーザーへの配信は各社に任されている。

 この脆弱性は、モバイルセキュリティを手掛けるZimperiumの研究者ジョシュア・ドレイク氏が発見した。Androidにネイティブで搭載されているメディア再生エンジン「Stagefright」に脆弱性があり、攻撃者が細工を施したMMSメッセージを送り付けるだけで、セキュリティ対策のサンドボックスをかわしてリモートでコードを実行できてしまう恐れがあるという。

 問題のメッセージをユーザーが開いたり、リンクをクリックしたりしなくても、受信しただけで攻撃を実行される恐れがあるほか、攻撃者がメッセージを消去して痕跡を消し去ることも可能とされる。

andval001.jpg 脆弱性を突く手順(Zimperiumより)

 「ユーザーが眠っている間に脆弱性を悪用し、目を覚ます前に端末から悪用の痕跡を消し去ることもできる。ユーザーは、トロイの木馬と化した電話を普段通りに使い続ける」とドレイク氏は指摘。Stagefrightには過剰な権限が付与されているとも推察し、「一部の端末ではシステムグループにアクセスできる。これはrootに極めて近い。端末上の通信を傍受することもできてしまう」と解説している。

 脆弱性はバージョン2.2(Froyo)以降のAndroidに存在しており、Androidの95%に当たる9億5000万台に影響が及ぶと試算されている。

andval002.jpg 7月1日現在のバージョン別シェア(Android開発者サイトより)

 ドレイク氏は4月にこの問題をGoogleに報告し、Googleは直ちに修正パッチをメーカーやキャリア向けに公開したという。同氏は8月にラスベガスで開かれるセキュリティカンファレンスのBlack Hatで、この脆弱性についての発表を予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ