ニュース
» 2015年08月28日 07時26分 UPDATE

「Firefox 40.0.3」公開、深刻な脆弱性に対処

最新版の「Firefox 40.0.3」では2件の脆弱性に対処したほか、日本語フォント使用に関する不具合などが修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]
mzla01.jpg 「Firefox 40」がアップデート

 Webブラウザ「Firefox 40」安定版の脆弱性などを修正した更新版が8月27日、Windows、Mac、Linux向けに公開された。

 Mozilla Foundationのセキュリティ情報によると、最新版の「Firefox 40.0.3」では2件の脆弱性に対処した。このうち重要度が「最高」に区分けされた脆弱性では、「canvas」要素のサイズ変更を行う際に解放後使用問題が発生し、悪用可能なクラッシュが誘発される恐れがある。

 延長サポート版の更新版となる「Firefox ESR 38.2.1」でも同じ脆弱性に対処した。

 Firefox 40.0.3ではほかにも、「input」フィールドでの日本語フォント使用に関するリグレッション問題など、複数の不具合が修正されている。

mzla02.jpg 「MFSA 2015-94」の脆弱性は危険判定

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -