ニュース
» 2015年09月03日 11時53分 UPDATE

日本通信、VAIO PhoneでIDS機能を提供

企業のネットワークセキュリティツールとして導入されているIDS(不正侵入検知)の機能をスマートフォンに搭載する。

[ITmedia]

 日本通信は9月3日、同社が販売するVAIO Phone向けにIDS(侵入検知システム)機能を18日から提供すると発表した。IDSは企業のネットワークセキュリティツールとして広く使われているが、スマートフォンへの搭載は世界初という。

moids01.jpg 「モバイルIDS」と名付けられたインタフェース

 提供理由について同社は、「個人によってモバイルデバイスの使い方が大きく異なり、その使い方の現状をしっかりと認識した上でのセキュリティ対策が必要になる」と説明。端末への不正侵入などの脅威を可視化する必要を挙げる。

 同機能の利用価格は端末100台あたり月額24万円。またIDSに加えて、検知と防御機能のIDPS(不正侵入検知/防御システム)も開発しており、IDSとIPDSの「コミュニティ開発プログラム」を立ち上げた。IDPSは今後のAndroid OSのアップデートを通じて提供する予定で、プログラムに参加する個人ユーザーと端末の新規購入規模が2万台までのユーザーには無償提供するとしている。

viophn-1.jpg VAIO Phone

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ