ニュース
» 2015年09月29日 08時00分 UPDATE

半径300メートルのIT:復元が簡単なスマホ時代に気を付けたいこと (1/2)

機種変更などで新しいiPhoneにするとき、バックアップを取っていれば、短時間で簡単に復元することができます。しかし、裏を返せば危険な面も……。

[宮田健,ITmedia]

 先日、アップルより「iPhone 6s」が発売されました。私も今回は発売日に購入し、メイン端末として活躍中です。日本では携帯電話会社によるSIMロック解除が適用される初めてのiPhoneということで微妙に注目が集まっています。

 私はここ1年ほど、AndroidとiPhoneを使い分けています。メインはiPhoneになりましたが、バッテリーの残容量が心もとなくなったタイミングでAndroid端末を取りだして使っています。また、お風呂などではAndroidの防水機能が役に立ちます。最近はどちらがいいかというよりも「適材適所だよね」と思うようになりました。

iPhoneが明らかに優れている点、それは……

 今回、私が「iPhone 6s」に機種変更をする上で、iPhoneが他のスマホより優れていると思った点が1つあります。それは「機種変更をしても1時間程度で以前の環境を引き継げる」という点です。あらかじめバックアップをとっておけば、新しいiPhoneをPC、iTunesにつなぐことで、バックアップを復元、アプリを元通り再インストールすることなどができ、きれいに環境が復元できる。これは本当に素晴らしいと思います。

 思えばアップルはMacにおいても、直感的な分かりやすいバックアップの仕組み「Time Machine」が提供されており、好感が持てます。この仕組みをフルに活用するため、日ごろからiPhoneはPCでバックアップを取ることをお勧めします。そのとき、パスワードなどの情報も含めて復元できる「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックしておくといいでしょう。

photo iTunesの設定から、「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックしておくと、パスワードやヘルスケアデータなどの情報を含めてバックアップできる。私は普段はクラウドバックアップを行いつつ、定期的にPCにもバックアップを手動で取るようにしている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -