レビュー
» 2015年11月20日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:デスクトップ仮想化への移行で押さえておきたいタイミング、7つのポイント

サーバ仮想化同様、デスクトップ仮想化でも多くのメリットを享受できる。問題はどのタイミングで仮想化を導入するかを見極めることだ。本資料では、デスクトップ仮想化への移行を検討すべきタイミングについて解説する。

[PR/ITmedia  ,TechTargetジャパン運営事務局]

 サーバ仮想化により、物理スペースの節約、コスト削減、管理コストの軽減などのメリットが得られるのと同様、クライアント環境にも仮想化技術を適用することでより多くのメリットを享受することができる。問題は、この仮想デスクトップインフラ構築のタイミングをどのように見極めるかということだ。BYODの広がりやセキュリティ、コンプライアンスなど移行する目的を明確にすることが肝要だ。

 本資料は、仮想デスクトップ導入時にチェックすべき7つのポイントをわかりやすく紹介する。この7つのポインのポイントを挙げ、それぞれの課題に対し、仮想デスクトップ管理ソリューションの導入で、どのような対策が行えるかを詳しく解説している。デスクトップ仮想化を検討している企業は、まずこのホワイトペーパーに目を通してほしい。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -