ニュース
» 2015年11月24日 08時00分 UPDATE

“データドリブン”が新たな産業革命を生む:7歳の少女が“データサイエンティスト”になる時代 (1/3)

誰もが自らデータ分析を行える「セルフサービスBI」。ツールや導入企業の数は増える一方だが、誰もが簡単にデータを分析できるようになると、企業のビジネスや私たちの生活はどうなるのだろうか。

[やつづかえり,ITmedia]

 業務部門が情シスに頼らず、自らデータ分析やリポート作成を行う「セルフサービスBIツール」。「Tableau」や「Qlik Sense」をはじめ、大手ITベンダーもさまざまなツールを展開しており、導入企業も増えてきている。

 誰もが簡単にデータ分析を行えるようになると、企業のビジネスや私たちの生活はどう変わっていくのだろうか。Tableau Softwareのバイスプレジデント、Dave Story(デイヴ・ストーリー)氏に話を聞いた。

データ分析が次の「産業革命」を起こす

photo Tableau社でモバイル、成長戦略分野のバイスプレジデントを務めるDave Story(デイヴ・ストーリー)氏。11月10日〜11日に開催したイベント「Tableau Conference on Tour: Tokyo」に合わせて来日した

 今、データによる“産業革命”が起ころうとしている――。

 データ分析の広がりがビジネスや生活に与える影響について、ストーリー氏はこう話す。18世紀のイギリスで始まった産業革命は、工場などの動力源となる蒸気機関の活用が社会を変えた。その後も革新的な技術はビジネスや生活を一変させてきた。インターネットが生活やビジネスを大きく変えたのは記憶に新しい。

 ストーリー氏は「テクノロジーが今までにないデータ活用を可能にすることで、ビジネスや生活が変わっていくだろう」と言うのだ。

 データ活用が社会を変える、そんな未来をTableauは見せてくれるかもしれない。同社は2015年10月に無料のiOSアプリ「Vizable(ビザブル)」をリリースした。ストーリー氏が指揮をし、約2年を費やして開発した新プロダクトだ。手持ちのExcelデータなどを読み込ませると、即座にグラフの形で視覚化してくれる。

photo iOSアプリ「Vizable」は、Excelのデータやcsvデータを読み込ませると即座にグラフの形で視覚化してくれる
photo 複数の項目を並べた表示も可能だ

 Vizableを開発した目的の1つは、データ活用の機会をより多くの人に広げることだ。Excelやcsv形式のデータを持っていても活用できずに持て余していた人が、Vizableを使うことで簡単にデータの意味を読み取り、ビジネスに生かせるようになる――そんなシーンを想定しているという。

 ユーザー登録の必要もなく、視覚化に特化したこのアプリは、確かに“データを見る”ことへのハードルをぐっと下げてくれそうだ。Tableau Desktopなど、従来のセルフサービスBIを使うユーザーよりも、さらにライトな層を狙ったツールといえるだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ