ニュース
» 2015年12月04日 07時30分 UPDATE

テクノロジーエバンジェリスト 小川大地の「ここが変だよ!? 日本のITインフラ」:第32回 メールアドレス、子会社のドメイン名はどうつける? (1/2)

前回はメールアドレスに潜む規則性などについて日本と欧米での違いを考察してみましたが、さらに踏み込んで考えていくと、もっと奥深い戦略性が存在しているようです。それは――。

[小川大地(日本ヒューレット・パッカード),ITmedia]
メールアドレス

 欧米と比べて、日本のメールアドレスは長くて意味不明―――。

  • (欧米)john.smith@ABC-TECH.com
  • (日本)taro.yamada.tk11645@jp.tech.ABC-CORP.co.jp

 前回も述べたとおり、必ずしもというわけではありませんが、日本企業に勤める方のメールアドレスには、「.」(ドット)で区切られたサブドメインが多用されたり、ランダムな文字列がよく追加されています。今回はこの辺りの理由について考えてみましょう。

新しく設立する子会社のドメイン名

 前回も使用したグループ会社の例です。親会社はABCコーポレーション。インターネット上のドメイン名は「@ABC-CORP.com」であり、情報システム関連の子会社として「ABCテクノロジーズ」を新規設立します。この場合、新しいABCテクノロジーズのドメイン名はどうしましょう(下図参照)。

メールアドレス 子会社のドメイン名

 多くの欧米企業の場合、子会社は「@ABC-TECH.com」のようなドメイン名を新規取得し、利用します。

 これに対し、一部の日本企業は「@tech.ABC-CORP.co.jp」のように親会社のドメインツリー内に、サブドメインの形で追加登録することがあります。企業グループ内の実際の組織構造にならった形です。個人的な印象ですが、製造業と自治体に特に多い気がしますね。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -