ニュース
» 2015年12月17日 07時05分 UPDATE

FireEye、製品の深刻な脆弱性を修正 メール受信で悪用の恐れ

攻撃者がFireEyeのセキュリティ製品のユーザーに対して電子メールを送信するだけで、たとえ受信者がメールを読まなかったとしても、ネットワークに不正アクセスされる恐れがあった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 セキュリティ企業の米FireEyeは12月15日、同社のセキュリティアプライアンスに極めて深刻な脆弱性が発見され、パッチを配信して対処したことを明らかにした。

 FireEyeによると、この脆弱性はNX、EX、FX、AXシリーズの各製品が影響を受ける。JavaのJARファイルを分析するモジュールに脆弱性があり、FireEyeのアプライアンス上でリモートの攻撃者が任意のコードを実行することが可能だった。

ffye01.jpg 影響を受ける製品(FireEyeより)

 脆弱性は米Googleの研究者が発見した。同社のブログによると、FireEyeの製品は企業などのネットワークのエンドポイントにインストールしてトラフィックを監視する仕組み。今回の脆弱性では、攻撃者がFireEye製品のユーザーに対して電子メールを送信するだけで、たとえ受信者がメールを読まなかったとしても、ネットワークに不正アクセスされる恐れがあった。

ffye02.jpg 攻撃イメージ

 FireEyeではこの脆弱性が顧客に対して重大なリスクをもたらしかねないと判断し、同社のセキュリティコンテンツ更新プロセスを通じて12月5日に攻撃防止対策プログラムを自動配信。続いて7日に脆弱性を修正するパッチを配信した。

 手動で更新を行っている顧客には直ちにパッチを適用するよう呼び掛けているほか、契約切れの顧客にもパッチの提供を行っている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ