ニュース
» 2015年12月22日 13時25分 UPDATE

開発者向け最終版「Oculus Rift」と「Rift SDK 1.0」リリース

Oculus VRが、2016年第1四半期に予定している「Oculus Rift」製品版のためのアプリ開発者向けに、「Rift SDK 1.0」と開発者向けのHMDの最終モデルのリリースを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebook傘下のOculus VRは12月21日(現地時間)、仮想現実(VR)HMD「Oculus Rift」の開発者向け最終モデルと開発者キット「Rift SDK 1.0」のリリースを発表した。

 2016年第1四半期の製品版発売に向けて、対応アプリの開発を促進する目的のようだ。

 oculus 1

 最終モデルおよびSDK 1.0は開発者全員に配布されるわけではなく、Oculusの登録ツール経由でアプリのプレビュー版を登録した開発者にOculus VR側から“次のステップ”の連絡が行く。

 Oculus VRが開発で協力した韓国Samsung ElectronicsのHMD「Gear VR」は既に販売されており、日本ではアイ・オー・データ機器が発売した。日本での実売予想価格は1万3800円(税別)。なお、Oculus Riftの製品版の販売価格はまだ発表されていない。

 oculus 2 「Gear VR」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ