ニュース
» 2016年01月25日 19時59分 UPDATE

マルウェアを呼び込むマルウェア、2015年は急増

IPAでの不正プログラム検出数が増加し、中でもさまざまなマルウェアを感染させる「ダウンローダー」が2015年を通じて増えた。

[ITmedia]

 情報処理推進機構(IPA)が1月25日に発表した2015年第4四半期(10月〜12月)の「コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況」によると、コンピュータにさまざまなマルウェアを感染させるための不正プログラム「ダウンローダー」の検出が急増した。

 期間中のウイルスの届出件数は前四半期比(2015年7月〜9月)で約17.7%減の564件、検出数は同約44.8%減の2080個だった。不正プログラム全体では検出数が同約105.5%増の12万19個だった。ダウンローダーの検出数は5万7932個で、前四半期に比べて約180.5%増だった。

ipa012501.jpg 不正プログラム検出数の推移(IPAより)

 不正プログラム検出数全体に占めるダウンローダーの割合も第1四半期が約18.1%、第2四半期が約22.1%、第3四半期が約35.4%、第4四半期が約48.3%と、1年を通じて右肩上がりの増加を示した。

ipa012502.jpg ウイルスおよび不正プログラムの検出経路(同)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ