レビュー
» 2016年03月02日 15時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:エバンジェリストに聞く「Hyper-Vによる仮想環境管理にSCVMMは必要なのか?」

Hyper-Vによる仮想環境管理は標準ツールで十分で、わざわざSCVMMを導入しなくてもよいのではないだろうか? その疑問をマイクロソフトのエバンジェリストに直接ぶつけてみた。果たしてその回答は?

[PR/ITmedia,TechTargetジャパン運営事務局]

 Hyper-Vによる仮想環境管理は、標準の管理ツールであるHyper-V ManagerやServer Managerで事足りるのではないだろうか。SCVMM(System Center Vertual Machine Manager)は本当に必要なのか?

 本コンテンツではその疑問をマイクロソフトのエバンジェリストにぶつけ、その回答によりSCVMMのメリットをわかりやすく解説する。SCVMMを使うことで、Hyper-Vだけでなく、複数の仮想化テクノロジーおよびサーバやストレージなど物理環境を、単一の画面から同じ手法で一元的に管理することが可能になる。また、仮想マシンを効率よく展開できるテンプレートを作成、利用することで、仮想化の基盤を管理し仮想化を用いた自動処理を展開することができる。System Center 2012 R2のコンポーネント、ワークロードについて解説した後半コンテンツにもリンクしているのでそちらも参考にしてほしい。「百聞は一見に如かず」だ。まずはコンテンツでそのメリットを確認しよう。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ