ニュース
» 2016年04月12日 07時35分 UPDATE

WordPress.com、独自ドメインも全てHTTPS接続に

WordPress.com上でホスティングされている全ての独自ドメインで通信が暗号化されるHTTPS接続を無償提供する。

[鈴木聖子,ITmedia]

 オープンソースのコンテンツ管理システム(CMS)WordPressは、WordPress.com上でホスティングされている全ての独自ドメインで通信が暗号化されるHTTPS接続を無償提供すると発表した。変更は自動的に行われ、ユーザー側では何も操作する必要はない。

wdprhps01.jpg 暗号化通信の本格適用を開始したWordPress

 WordPress.comでは、サブドメイン(例えば「https://barry.wordpress.com/」など)を使っているWebサイトについては2014年からHTTPSをサポートしてきたが、今回はその措置を、WordPress.comでホスティングされている独自ドメイン(例えば「automattic.com」など)にも拡大することにした。

 通信の暗号化に必要なSSL証明書は、電子フロンティア財団(EFF)などが推進する無料証明書発行プロジェクトの「Let's Encrypt」を利用する。

wdprhps02.jpg Let's Encrypt

 HTTPS化されたWebサイトでは、平文のHTTPリクエストが全て自動的に「https」で始まるドメインにリダイレクトされ、Webブラウザのアドレスバーに緑色の鍵のアイコンが表示される。

 インターネット上では大手サイトを中心にHTTPS接続に切り替える動きが加速している。米GoogleはデフォルトでのHTTPS接続を推進する一環として、WebサイトがHTTPSを使っているかどうかを検索ランキングに反映させている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ