ニュース
» 2016年05月05日 07時34分 UPDATE

「Vine」のWindows 10アプリ、PCとタブレット向けにリリース

「Facebook」や「Facebookメッセンジャー」に続いて、Twitterの6秒動画アプリ「Vine」のWindows 10アプリが登場した。ライブタイルで新着Vineをチェックできる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Twitter傘下のVineは5月4日(現地時間)、米Microsoftの「Windows 10」向けVineアプリをリリースしたと発表した。Universal Windows Platform(UWP)アプリではあるが、サポートするのはPCとタブレットのみだ。Windows Storeからダウンロードできる。

 vine 1 Windows 10版Vine

 モバイル版(iOS/Android版)Vineとほぼ同じ機能が使え、Vineのアカウントを持っていなくても6秒動画を閲覧できる。モバイルアプリに4月に追加された「見る」ボタンをタップした時のように複数のVineが連続再生され、1つのVineを繰り返し再生したい場合はそのVineにマウスカーソルを合わせるか、タッチ対応端末の場合はVineをタッチすればいい。

 UWPアプリなので、スタートメニューにVineの特定のチャンネルやアカウントをピンしておけば、ライブタイルにそれらのチャンネルやアカウントの新着Vineのプレビューを表示できる。

 PCあるいはタブレット上で動画を編集し、自作Vineとしてドラッグ&ドロップでアップロードすることも可能だ。

 vine 2 自作Vineのアップロード

 Windows 10 Mobile対応の予定については特に明示されていない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -