ニュース
» 2016年07月23日 07時15分 UPDATE

内山信二が行く!オフィス訪問記:世界一の満足度を誇る“社員向け”サポートデスクがあるオフィス! (1/4)

「打ち合わせ場所がたくさんあるのにナゼか隣同士の声が気にならない」「全世界200拠点に“同じ会議室”がある」内山信二が不思議なオフィスで初体験!

[ITmedia]

内山信二が行く!オフィス訪問記について

 本記事は、企業・法人のIT選定・導入をサポートする総合情報サイト キーマンズネット から転載しています。そのため、最新記事をご覧になる場合は、内山信二が行く!オフィス訪問記 からご覧ください。

 今回訪問したのは、2015年8月に分社化し、日本におけるエンタープライズ事業を推進することとなった日本ヒューレット・パッカード株式会社の本社。2011年に市が谷、荻窪、高井戸、新宿、錦糸町の5拠点を集約し5000人以上が勤務している。オフィス移転にともない、地域環境に調和し環境負荷を軽減した「サステナブルデザイン」、自社顧客に最先端のテクノロジーとサービスを提供する「ソリューション提案型オフィス」、そして社員同士のコミュニケーション活性化と多様な働き方をサポートする「先進的ワークプレイス」であることの3つをコンセプトに置いたという。あらゆる箇所に工夫が凝らされ、かつ洗練されたデザインのオフィスは、あの人気ドラマ“半沢直樹”の撮影現場にも使用されたというから驚きだ。早速今回も前後編で“見どころ”を紹介していこう。

内山

 まずは外観から。注目したいのは外周部に設置された庇(ひさし)で、この庇や内部の吹き抜け構造などにより、排出するCO2を約40%も削減したという。また分社化により、左右に企業ロゴが設置してあるのも特徴だ。

内山

扉をあけた内山くん。開口一番。

内山

内山「こんな広大な土地、よく都内にありましたね〜。いくらくらいするんだろ……」


内山

編集者(下世話!)


内山

 エントランスを入って、まず目につくのは大きな垂れ幕。「加速するイノベーション」同社の目指す姿と決意がストレートに伝わってくる。変わった形をした赤いソファーもインパクト大! 

内山

 受付を済まし、ゲストカードで入館ゲートを通ると社員用エントランスが広がる。奥にはテナントでコンビニとコーヒーショップが入っている。席数も多く、簡単な打ち合わせなどはここでも十分にできるだろう。


内山内山

 ちなみに1階エントランスの大理石の床は、冬季は床暖房完備。しかも一定間隔で電源が配備されており、社内イベントなどこのスペースを活用したい場合にも柔軟に対応できるようになっている。

内山

編集者(クリスマスには大きなツリーが飾られるとか!)


この記事を見た方は、こちらもチェックしています。

【内山信二が行く!オフィス訪問記】 日本HP・後編 13種類の本格食堂に屋上庭園まで!多様な働き方を実現するオフィス

内山内山内山

 ラーメン、丼、和食に中華、エスニックまで…13ものキッチンが並ぶ“夢のオフィス”が大島にあった!内山信二が匂いを嗅ぎつけ…お邪魔しちゃいました。

【内山信二が行く!オフィス訪問記】バックナンバーはこちら

Amazonやパソナグループ、コクヨ、サイボウズ……皆さまがご存じの企業の内側をご紹介。

Amazon・前編 恐竜に見守られながら壁登り?Amazon“仰天”のオフィスに潜入!

ジェイアイエヌ・前編 デザイン性と機能性が融合した“JINS”のオフィスに潜入!

パソナグループ・前編 受付に水田?会議室にトマト?自然と共生する“東京駅”のオフィス

コクヨ・前編 内山信二「つっかえて入れない…」オフィスの壁に“謎の穴”が!

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -