ニュース
» 2016年08月18日 07時26分 UPDATE

ネット売り出しの攻撃ツールにCisco製品の脆弱性、悪用を確認

NSAの関与が噂される「Equation Group」から流出させたというハッキングツールが売りに出された問題で、Ciscoのファイアウォールの脆弱性を突くコードが含まれていたことを同社が確認した。

[鈴木聖子,ITmedia]
ネットで売り出されていた脆弱性関連とみられるファイルとディレクトリ(Ciscoより)

 米国家安全保障局(NSA)との関係が噂されるハッカー集団「Equation Group」から流出したとされるハッキングツールが売りに出された問題で、米Cisco Systemsは8月17日、同ツールで悪用されていたCisco Adaptive Security Appliance(ASA)の脆弱性を修正するソフトウェアアップデートを公開した。

 この問題では「Shadow Brokers」を名乗る集団が、Equation Groupから流出させたというハッキングツールをオークションにかけると発表して入札を募っていた。同ツールには、CiscoやJuniper、Fortinetなどのファイアウォールの脆弱性を突くコードが含まれていたと伝えられている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ