ニュース
» 2016年08月31日 16時35分 UPDATE

NTT東、AWSへの閉域接続をスタート

「フレッツ光」でセキュアアクセスが可能になる。

[ITmedia]

 NTT東日本は8月31日、「フレッツ光」回線からAmazon Web Services(AWS)に閉域接続できる「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」サービスを9月1日に開始すると発表した。

 クラウドゲートウェイ アプリパッケージは、AWSへの閉域接続とアプリケーションサーバ機能の利用をパッケージにしたもの。AWSへの閉域接続には回線認証を利用する。ユーザー環境でネットワーク機器の設置や運用、保守などは不要。このサービスではIPv6を使用するが、AWS接続時にIPv4に変換して対応する。

 利用には、「フレッツ 光ネクスト」「フレッツ 光ライト」などの契約が必要。ユーザーは申し込むだけで新サービスを利用できる。AWSで利用可能なアプリケーションサーバの基本メニューは、Active DirectoryとWebの2種類。月額利用料は4万5000円からで、月間100Gバイト分の通信料が含まれる。なお、通信料の超過分は100Gバイトごとに3万円が自動加算され、使用しなかったデータ量は翌月以降に繰り越しできない。

「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」サービスの利用料(出典:NTT東日本)

 今後はNTTコミュニケーションズなど他のクラウドサービスにも対応する予定だとしている。

 併せて同社は、インターネットVPNでクラウドサービスに閉域接続可能な「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を10月11日にスタートするとも発表した。

新サービスの利用イメージ(同)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ