ニュース
» 2016年09月15日 19時53分 UPDATE

ビッグデータとAIで個人への融資を評価、みずほ銀とソフトバンクが新会社を設立 (1/3)

利用者がスマホに属性情報を入力するだけで融資額や金利を判定。ソフトバンクの孫正義氏は、「お金のない若者が夢を叶える手助けになりたい」と語った。

[國谷武史,ITmedia]

 みずほ銀行とソフトバンクは9月15日、ビッグデータや人工知能(AI)技術を利用して個人向け融資を行う合弁会社を11月に設立すると発表した。2017年前半の事業開始を目指す。

AIやビッグデータ活用の個人融資サービス会社設立を発表したみずほフィナンシャルグループの佐藤康博グループCEO(左)とソフトバンクグループの孫正義社長

 新会社は両社が50%ずつ出資し、設立当初の資本金は50億円。無店舗によるローコスト運営に徹することで、従来の個人向けローンでは難しかった低金利を実現できるという。新会社には2社のコーポレートガバナンスを活用して信頼性や透明性の確保に努めるとしている。今後2社で名称やブランド、具体的なビジネスモデルなどについて詳細を詰める。

 合弁会社の新サービスは、全てモバイルアプリから提供する。融資を希望する個人がアプリに自身の属性情報などを入力すると、事前の与信審査として「プレスコアリング」が行われ、融資額や金利などが決定される。情報入力から30分以内での入金が可能だという。

新サービスの特徴

 また、利用者がより多くの情報を提供することでスコアをアップさせ、融資額の枠を広げたり、より低い金利にしたりもできる「スコア・レンディング」を国内で初めて可能にしたという。スコアリングには、みずほ銀行が持つローン審査のノウハウやビッグデータ、ソフトバンクが持つデータ分析やAIの技術などを利用する。

 みずほフィナンシャルグループの佐藤康博グループCEOは、「従来の金融機関では難しかった領域に個人向け融資を広げられる全く新しいビジネス」と述べ、ソフトバンクグループの孫正義社長は、「お金のない若者が夢を実現するための手助けになりたい」と語った。

2社の持つ融資ノウハウやテクノロジーが新サービスの基盤になる
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -