ニュース
» 2016年10月25日 07時09分 UPDATE

Apple、「iOS 10.1」で深刻な脆弱性も修正 macOSやwatchOSなども

iOSやmacOS、watchOS、tvOS、Safariの深刻な脆弱性が多数修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは10月24日にリリースしたiOSやmacOSのソフトウェアアップデートで多数の深刻な脆弱性を修正した。併せてwatchOS、tvOS、Safariのセキュリティアップデートも公開している。

公開されたセキュリティアップデート群

 Appleのセキュリティ情報によると、iOS更新版の「iOS 10.1」ではiPhone 5以降、iPadの第4世代以降、iPod touchの第6世代以降を対象として、任意のコード実行や情報流出など計12件の脆弱性に対処した。これら脆弱性は、Apple Watchを対象とする「watchOS 3.1」でも修正された。

「iOS 10.1」では「Apple Pay」対応以外にも多数の脆弱性が修正された

 「macOS Sierra 10.12.1」はOS X Yosemite(10.10.5)、El Capitan(10.11.6)、macOS Sierra(10.12)向けとなる。任意のコード実行や権限昇格、情報流出など15件の脆弱性に対処している。

 Webブラウザ更新版の「Safari 10.0.1」ではWebKitに存在する脆弱性3件が修正された。悪用されれば細工を施したWebコンテンツを使って任意のコードを実行されたりユーザー情報が流出したりする恐れがある。同アップデートはEl Capitan(10.11.6)、macOS Sierra(10.12)が対象となる。

 第4世代のApple TVを対象とする「tvOS 10.0.1」でも、計10件の脆弱性が修正された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -