ニュース
» 2016年10月31日 15時05分 UPDATE

IIJがセキュリティ事業で新ブランド、1Tbps級のDDoS攻撃にも対応

セキュリティオペレーションセンターを整備し、脅威分析情報に基づく対策サービスを提供する。

[ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は10月31日、セキュリティ事業の新ブランド「wizSafe」を発表した。セキュリティ対策の新サービスを2017年から順次提供していくという。

新ブランドのロゴ(出典:IIJ報道発表資料)

 新施策では、同社が企業向けに提供しているセキュリティ対策サービスで収集されるセキュリティ関連のログ情報やイベント情報などをもとに、独自の分析による対策情報をサービスに取り入れる情報分析基盤を整備する。

 また、セキュリティオペレーションセンター(SOC)も設置し、顧客企業のセキュリティ機器の運用・監視、脅威分析などを行う「IIJ C-SOC」サービスを2017年3月から提供するほか、同年1月から1Tbpsクラスの大規模なDDoS攻撃に対応したサービスと、Webアクセス環境を分離(アイソレーション)してマルウェア感染の危険を低減する機能を提供する。また、情報分析基盤で得たDNS情報から予防措置型のマルウェア対策を行うサービスを4月以降に始める予定。

新サービスの提供イメージ(同)

 同社は新ブランド創設で、セキュリティのアナリスト育成に注力し、セキュリティ対策をワンストップで提供すると表明している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -