ニュース
» 2016年11月24日 08時47分 UPDATE

ニューヨークのイベント会場システムに不正侵入、1年前からカード情報が流出

米マディソン・スクエア・ガーデンなどの決済システムが不正侵入され、来場者が使ったクレジットカードの情報が1年近くにわたって盗まれていたことが分かった。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンなどのイベント会場を運営する米Madison Square Garden Company(MSG)は11月22日、決済システムが不正侵入され、来場者が使ったクレジットカードの情報が1年近くにわたって盗まれていたことが分かったと発表した。

情報流出を明らかにしたMadison Square Garden Company

 発表によると、決済カードを発行する銀行から不審な取引についての連絡を受けて調べた結果、MSGの決済処理システムが不正侵入され、決済カードのデータを参照するプログラムがインストールされていたことが発覚した。このため2016年10月の最終週に、不正アクセスを阻止する措置を講じたという。

 影響を受けるのは、2015年11月9日〜2016年10月24日にかけてマディソン・スクエア・ガーデンやラジオシティ・ミュージックホール、ビーコン・シアター、シカゴ・シアターの各会場で関連グッズや食品、飲料などの購入に使われた決済カード。磁気ストライプに記録されていたクレジットカード番号、氏名、有効期限、照合コードなどの情報が流出した可能性があるという。

 MSGでは再発防止のため、セキュリティ企業の協力を得てシステムのセキュリティ対策を強化する措置を講じ、捜査当局にも通報したと説明している。クレジットカードの持ち主には、使用明細を調べて不審な取引がないかどうかチェックするよう呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -