ニュース
» 2016年12月17日 08時00分 公開

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:シリコンバレー見聞録 シェアリングエコノミーの象徴企業Airbnb (1/2)

IT起業の聖地といわれるシリコンバレーで見聞きした刺激的かつ興味深い体験から、注目のポイントを紹介。“その1”は、新サービス「トリップ」を発表したAirbnbの本社の様子と最新動向です。

[柴崎辰彦,ITmedia]

この記事は柴崎辰彦氏のブログ「柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」」より転載、編集しています。


 短期間ではありますが、米国のシリコンバレーに行ってきました。まさにデジタルビジネスやオープンサービスイノベーションのメッカということで、ハードスケジュールながら刺激的かつ興味深い体験ができました。せっかくなのでこのコーナで少々連載したいと思います。

 UBERやAirbnbなど、破壊的なイノベーションを起こす企業が生まれる街が、サンフランシスコを中心とした通称“Bay Area”と呼ばれる地域です。

 幸運にもシェアリングエコノミーの代表企業として有名なAirbnb(エアビーアンドビー)の本社を訪問することができました。

Photo 開放的なAirbnb本社エントランス

 Airbnbは、2008年8月に創業し、本社をカリフォルニア州サンフランシスコに置く企業です。世界中のユニークな宿泊施設をネットや携帯やタブレットで掲載・発見・予約できる信頼性の高い“コミュニティーマーケットプレース”であることを標榜(ひょうぼう)しています。

2人のデザイナーとハーバード大出身の技術者が共同創業者

 Airbnbは、3人の共同創業者によって経営されています。CPO(チーフプロダクトオフィサー)のジョー・ゲビアとCEOのブライアン・チェスキーは、共にロードアイランド・スクール・オブ・デザインでグラフィックデザインやインダストリアルデザインを学んだ仲です。もう1人の共同創業者でCTOを務めるネイサン・ブレチャージクは、ハーバード大学でコンピュータサイエンスの学位を取得後、Microsoftなどテック系の企業に勤めた後でAirbnbの創設に携わっています。

 まさにデザインアートとテクノロジーが融合した企業です。

ALTALTALT 左:レールは貨物倉庫の名残 中央:おしゃれな受付端末 右:米国なので警備員がいる

打ち合せスペースは、各国ホストが提供する部屋を再現

 開放的なエントランスには、緑が多く、隣接する1階には社員向けの食堂も用意されていました。

ALTALTALT 左:開放的なエントランス 中央:緑も多い 右:エントランスに隣接する食堂

 エントランスを入り、各フロアで特徴的なのは、さまざまなタイプの打ち合せスペースが用意されていることです(残念ながら撮影禁止)。いずれの部屋にも小さなサインが付いており、世界各国で実際に利用されている部屋を写真付きで紹介し、その部屋を再現しています。例えば、モロッコのホストの部屋やイタリアのミラノのアパートといった具合です。日本の名前を付けた部屋もありましたが、床は畳を模したカーペットが敷いてありました。そして、普通にワンちゃんがオフィスにいました(笑)

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ