ニュース
» 2017年02月01日 07時30分 UPDATE

Enterprise IT Kaleidoscope:Windows 10の最初のリリースがサポート終了、複雑すぎるサポートポリシーの中身 (1/3)

Windows 10の最初のリリース対するサポートが3月26日で終了する。Windows 10では「Windows as a Service」というコンセプトが導入されているが、これに基づくサポートの変化について確認しておこう。

[山本雅史,ITmedia]

WaaSでWindows 10のサポートが変化

 Windows 10のオリジナル版(開発コード名「Threshold1」、バージョン番号1507)が2015年7月29日にリリースされてから18カ月が経ち、2017年3月26日にサポートが終了する。これ以降は、Threshold1に対してWindows Updateで毎月提供されているセキュリティパッチなどのまとまった「品質更新プログラム」(Quality Update)の提供が終了する。

 Microsoftは、Windows 10のサポートのコンセプトを「Windows as a Service」(以下、WaaS)と呼んでいる。

Windows 10では継続的なアップデートを提供するため、OSをサービスとして捉え、「WaaS」と称している
Windows 10から採用されたWaaSでは、OSのメジャーアップデートを行わず、年2回程度の新機能を提供するアップデートが行われる
WaaSによって導入コストを下げ、運用管理コストも下げられる

 今までのWindows XPやWindows 7などは、リリースから5年でメインストリームのサポートが終了し、その後5年間は延長サポートを行っている。つまり、最初のリリースから10年間は毎月Windows Updateでセキュリティパッチが提供されていた。

 しかし、Windows 10では年2回の機能更新プログラム(Feature Update)を提供することで、日々進化するOSとなった。このためWindows 10は、“最後のメジャーアップグレード”といわれ、サービス ライフサイクル期間が変わっている。

Windows 10では、毎月のセキュリティパッチを集めた「品質更新プログラム」と年2回新機能を提供する「機能更新プログラム」が提供される

 サポート ライフサイクル期間は、コンシューマー向けの「Current Branch」(CB)、ビジネスユーザー向けの「Current Branch for Business」(CBB)で異なる。もう1つの企業の専門システム向け「Long Term Servicing Branch」(LTSB)もあるが、これはサービスアシュアランス(SA)契約ベースで別途提供されるため、多くのユーザーが使用しているのはCBやCBBだ。

WaaSではコンシューマー向けのCB、企業向けのCBBが存在。LTSBは特別なシステム向けに提供される
WaaSのライフサイクルは、機能更新プログラムがCBで提供されてから4カ月後にCBBでも提供される。CBBでは、テストや展開にかかる時間を考慮して12カ月以上の猶予がある

 コンシューマー向けのCBは、常に最新の品質更新プログラムと機能更新プログラムが適応されるため、いつも最新のWindows 10を利用することになる。ビジネス向けのCBBでは、セキュリティパッチなどの品質更新プログラムは毎月提供されているが、機能更新プログラムは、CBでのリリースから4カ月後に提供が始まる。

 その理由は、機能更新プログラムの提供による既存アプリケーションへの影響や、機能更新プログラム自体の適応によるトラブル発生の有無などを確認するためだ。ビジネス向けでの大きなトラブルが大問題になることから、CBで新機能を先行提供し、CBB向けに提供するまでの4カ月間に、トラブルを修正するパッチを蓄積していくためだろう。

 このように同じWindows 10でも、CBとCBBでは更新の狙いが異なる。CBはいち早く最新機能を提供し、CBBは安定したWindows 10を提供するということだ。しかしCBとCBBにおいて、特別なエディションのようなものが存在するわけではない。この更新ポリシーの変更は、「設定」→「更新とセキュリティ」から「Windows Update」を選び、詳細オプションで「機能の更新を延期する」をチェックするだけでいい。これでCBからCBBに変更できるし、Active Directoryのグループポリシーでも設定できる。

 また、Microsoft社はCBリリースの4カ月後にCBBのインストールイメージも提供している。インストールイメージは、この間の品質更新プログラムが適応されたものとなる。なお、Windows 10 HomeはCBのみで、CBBを選択できない。CBBが使えるエディションは、Windows 10 Pro/Enterprise/Education/Pro Educationなどだ。これらエディションのデフォルトはCBとなっており、必要に応じてCBBに変更することになるだろう。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ