ニュース
» 2017年03月03日 10時21分 UPDATE

Docker、企業向けサブスクリプションサービス「Enterprise Edition」スタート

米コンテナ管理サービスのDockerが、企業向けサブスクリプションサービス「Enterprise Edition」の提供を開始した。無料版は「Community Edition」として提供を続ける。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米コンテナ管理サービスのDockerは3月2日(現地時間)、複雑な操作を必要としない企業向けサブスクリプションサービス「Docker Enterprise Edition」(EE)を発表した。既に30日の無料体験版に申し込めるようになっている。

 docker 1

 これにともない、従来から提供している無料版を「Docker Community Edition」(CE)と改称し、提供を続ける。

 EEは、コンテナランタイム、オーケストレーション(複数ホスト上のコンテナの管理)ツール、セキュリティおよび管理機能で構成され、Basic、Standard、Advancedの3つのプランがある。それぞれの違いについてはEEのサブスクリプションページに説明がある。

 docker 2 Docker EEの料金プラン

 EEがサポートするプラットフォームは、CentOS、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)、Ubuntu、SUSE Linux Enterprise Server(SLES)、Oracle Linux、Windows Server 2016。CEと異なり、Mac OSおよびWindows 10はサポートしない。米Amazon.comのAWSと、米MicrosoftのMicrosoft Azureで稼働する。

 docker 3 CE(左)とEE(右)がサポートするプラットフォーム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ