ニュース
» 2017年04月12日 10時23分 UPDATE

Google、手描きの絵を機械学習でプロの絵に置き換える「AutoDraw」公開

AutoDrawは、タッチ対応画面に手描きした絵を機械学習で解析し、プロが提供する絵に変換するGoogleの無料Webアプリ。資料用の概念図やバースデーカードの作成に使えそうだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは4月11日(現地時間)、タッチ対応画面に手描きした絵を機械学習で何かを解析し、プロが提供する絵に変換するWebアプリ「AutoDraw」を無料で公開した。PC、スマートフォン、タブレットで利用できる。

 draw 1

 このツールは、2016年11月に公開した人工知能(AI)ツールを使って構築した実験的なサービスやオープンソースで公開されているコードを紹介するWebサイト「A.I. Experiments」のツールの1つ「Quick Draw」を応用したもの。

 絵を描いていくと画面上部に「これのことですか:」として候補の画像が並ぶ。目的のものがあればそれをタップすると、自分の絵がその絵に置き換わる。

 draw 2 ネコ(のつもり)の絵に対する候補
 draw 3 プロの絵に置き換えられた

 ツールは簡易な描画アプリになっており、描いたオブジェクトのサイズを変更したり回転させたり、テキストを入力することもできるので、簡単な概念図などの作成も可能だ。完成した図はダウンロードして流用できる。

 draw 4 基本的な編集ツールはある

 候補として表示される画像は、Googleに協力するデザイナーやアーティスト、従業員などが提供しているもので、自由に使える。

 自分の作品を提供することも可能だ。詳細は説明文書を参照されたい。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ