ニュース
» 2017年05月16日 13時30分 UPDATE

45カ国語での通訳・接客を実現するクラウド型ロボアプリ、ヘッドウォータースが発表

ヘッドウォータースが、日常会話での音声翻訳に対応する、クラウドベースの多言語翻訳ロボアプリを発売。Pepper、Sota、ロボホンなどのコミュニケーションロボットで利用し、45カ国語での翻訳・接客を行える。2020年に向けた海外観光客対策や、サービス業などの労働力不足対策として活用を見込む。

[ITmedia]

 ロボットアプリの開発・導入などを手掛けるヘッドウォータースは5月15日、AIを活用して45カ国語で翻訳・接客するクラウドベースの多言語翻訳ロボアプリ「Robot Translator(ロボットトランスレーター)」の販売を開始した。

Photo

 同アプリは、同社のクラウドロボティクスサービス「SynApps(シナップス)」とニューラルネットワークを用いた機械翻訳AIを活用して、日常会話での音声翻訳を実現している。

 また、AIが持つ自然言語認識との連携により、ユーザーの質問の意図を理解したうえで自動識別・自動応対する接客が行えるうえ、SynAppsの管理画面からロボットに発話させたい内容を日本語で入力・更新することで、指定した言語でロボットに発話させることも可能になる。

 顔認識と連携させることで、顔を捉えると自動的にその人の母国語を識別する機能も実現するという。

 翻訳機能はクラウド上に持たせているため、ソフトバンクロボティクスの「Pepper」、ヴイストンの卓上ロボット「Sota」、シャープの「ロボホン」に同等の機能を持たせることができ、スマートフォンやタブレット、デジタルサイネージとの連携も可能だ。

Photo

 対応言語は、以下の通り。

  • 聞き取り/翻訳/発話機能とも: 日本語、英語、中国語(標準)、中国語(台湾)、中国語(香港)、韓国語、ベトナム語、マレー語、タイ語、フィリピン語、インドネシア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、オランダ語、ロシア語、ポーランド語、カタルーニャ語、フィンランド語、スウェーデン語、アラビア語、ヒンディー語、ノルウェー語、デンマーク語、トルコ語、アフリカーンス語、ブルガリア語、クロアチア語、チェコ語、ハンガリー語、リトアニア語、ルーマニア語、セルビア語、スロバキア語、ウクライナ語、ギリシャ語、バスク語、ペルシア語、ガリシア語、ヘブライ語、アイスランド語、スロベニア語、ズールー語

 なお、翻訳機能など一部の機能はAPI提供もしており、アプリ開発や既存サービスへの組み込みも可能とのこと。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -