ニュース
» 2017年06月03日 09時00分 UPDATE

Microsoft Focus:Surfaceファミリーに息づく日本の“モノづくり精神” (1/2)

第5世代となる「Surface Pro」やクラムシェル型の「Surface Laptop」を掲げ、フルラインアップのSurfaceファミリーで挑むMicrosoftのプレミアム戦略とは?

[大河原克行,ITmedia]

 日本マイクロソフトは、第5世代となる新たな「Surface Pro」や、既に米国で販売されている「Surface Studio」および「Surface Dial」を2017年6月15日から日本で販売すると発表した。「Surface Laptop」も7月20日に発売する。

 既に販売している「Surface Book」や「Surface Hub」に、これらの製品が加わることで、Surfaceのラインアップが一気に広がることになる。

 米MicrosoftのMicrosoft Surface担当コーポレートバイスプレジデント(CVP)のパノス・パネイ(Panos Panay)氏は、「プレミアム領域におけるフルラインアップを整えることができた」と、一連の品ぞろえが完了したことを宣言した。

Photo 米MicrosoftのMicrosoft Surface担当コーポレートバイスプレジデントのパノス・パネイ(Panos Panay)氏

 Surfaceの第1号製品が登場したのは、2012年6月のこと。登場からちょうど5年を迎えるわけだ。当初は、2in1 PCという新たな領域を開拓するデバイスと位置付けられてきたSurfaceだが、オールインワンのSurface Studioや、クラムシェル型のSurface Laptopなどの投入によって、既存の製品領域にも進出している。

こだわりの質感でプレミアム市場に照準

 しかしSurfaceは、既存領域で他社と競合するのではなく、プレミアム領域をターゲットとすることを選んでいる。その最たるものがSurface Bookだろう。GPUの搭載によって実現する高い性能は、クリエイターの使用にも耐えうるスペックであり、まさにプレミアムを象徴するものだ。そして、新たに追加されたSurface Laptopも、プレミアム領域を狙っている。

Photo 4色展開のSurface Laptop
Photo 1.252kgの軽量ボディー
Photo キーボードやパームレストにスエード調のアルカンターラ素材を採用している

 パネイ氏は、「Surface Laptopは、質感を非常に大切にした製品」と前置きし、「どの角度から見ても余計な線がなく、ネジも見えない。そして、ヒンジも見えない。また、アルミニウムの天板とキーボードがぴったりと合うように、少しの狂いもないデザインを実現している」と胸を張る。

 特にパネイ氏がアピールするのが、ディスプレイ部を閉めるときの音だ。

 「『パタッ』という音は、エレクトロニクス機器を使っているときの音というより、豪華な本を閉じたときのような感覚を覚えるはず。Surface Laptopでは、そこまで質感にこだわっている」(パネイ氏)

Photo CPUに第7世代のインテル Coreプロセッサを搭載したSurface Pro
Photo ペンの使い心地も向上している

 新たに投入したSurface Proも、進化を遂げている。CPUには第7世代のインテル Coreプロセッサを搭載。「Surface Pro 3」よりも2.5倍の性能を実現し、最大13.5時間の連続駆動時間を達成している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -