ニュース
» 2017年07月11日 13時00分 UPDATE

Microsoft Inspire 2017:Microsoftが掲げる「デジタル変革に必須の4要素」とそれを実現するもの (1/2)

米Microsoftのパートナー企業向けイベント「Microsoft Inspire 2017」が7月9日から13日まで開催されている。10日にはサティア・ナデラCEOが登壇する基調講演「Vision Keynote」が行われ、Microsoftの新年度の戦略などを発表した。

[大河原克行,ITmedia]

 米Microsoftが2017年7月9日から(現地時間)、米国ワシントンD.C.のウォルター・E・ワシントン コンベンションセンターにて、パートナー企業向けのイベント「Microsoft Inspire 2017」を開催している。会期は13日まで。初日に行われた基調講演「Vision Keynote」では、Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏が登壇し、同社の今後の方針やパートナー戦略について説明した。6月決算のMicrosoftは、7月から新年度(FY18)をスタートしており、新しい年度において、対外的に同社の方針を説明したのはこのイベントが初めてとなる。

 Microsoft Inspireは、2016年までMicrosoft Worldwide Partner Conference (WPC)と呼んでいたイベントを改称したもの。「Where the world meets to transform business」をテーマに、「Hear」「Learn」「Collaborate」という3つのカテゴリーでイベントを構成し、クラウドビジネスにおける利益の最大化や、ビジネス成長のために新しい機会を創出、ビジネスニーズを満たすための課題などに関する情報を共有。パートナーに向けた各種カンファレンスやセミナー、トレーニングのほか、最新製品の展示などを行っている。

 会場には、全世界140カ国から、約1万7000人が集まった。日本からも約150社のパートナー企業から、約450人が参加。いずれも過去最高を記録した。

Satya Nadella CEO Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏

 ナデラCEOは冒頭で、Microsoftには現在、全世界に6万4000社のパートナーがいること、それにより、1700万人の雇用を生んでいること、さらに、昨今では、Linux、Hadoop、Javaのエコシステムから移ってきたパートナーがいることを示しながら、「我々はパートナーありきの企業である」と切り出した。

 毎年開催されているパートナーカンファレンスは、Microsoftにとって、新年度がスタートする直後に開催され、1年間における論調を示すものになる。こうしたことを踏まえながらナデラ氏は、「Microsoftは、モバイルファースト、クラウドファーストの企業から、インテリジェントクラウド、インテリジェントエッジの企業に変わりつつある。すべての体験はマルチデバイス、マルチセンスになり、1つのデバイスに縛られるものではなく、音声を使い、インクを使い、さまざまなインプットやアウトプットが可能になる。また、すべての領域においてAIが活用され、インテリジェンスを生み出すことになる。例えば自動運転は、1秒間に4GBものデータを生む。自動運転だけでなく、スマートファクトリー、スマートシティなどにおいても、エッジから多くのデータが生まれ、データ量はますます大きなものになってくる。そして、すべての複雑性を管理するためには、コンテナやマイクロサービス、サーバーレスといった考え方が必要である」と、同社が見据えている未来を披露した。

 また、「ここから生まれる機会は、これまで以上に大きなものになる。プラットフォームシフトによって、すべての製品やサービスがデジタルに関係してくることから、我々の目の前には、4兆5000億ドルもの市場が広がっているといえる。この業界にいることが、これまでにないオポチュニティを得ることにつながっている。これをどう摘み取っていくのかを考えなくてはならない」とナデラ氏。

 デジタルトランスフォーメーションへの取り組みとして同社が掲げている「お客様とつながる」「社員にパワーを」「業務を最適化」「製品を変革」という4つの切り口を挙げながら、「これらに対して、マイクロソフトは、より最高の価値と体験を提供することになる」と胸を張った。

 さらにナデラ氏は、「Modern workplace」「Business applications」「Applications & infrastructure」「Data & AI」の4つのソリューション領域が、デジタルトランスフォーメーションにおける重要な要素になると説明する。

Enabling Digital Transformation デジタルトランスフォーメーションを推進する際に必要な4つのソリューション領域

 Modern workplaceとは、工夫や創造性を発揮するために必要なもの。「1つの枠組みの中で、個人を意識するのでなく、チームが一体となり、ダイナミックに連携することができる環境を提供するかを考えなくてはいけない」と話し、新たな製品として、「Microsoft 365」を披露した。

Modern workplace デジタルトランスフォーメーションに欠かせないModern workplace
Microsoft 365 Office 365とWindows 10、Enterprise Mobility+Securityを統合したソリューション「Microsoft 365」でModern workplaceを実現する

 Microsoft 365は、Office 365とWindows 10、Enterprise Mobility+Securityを統合したソリューションであり、「Creativity」「Teamwork」「Simplicity」「Security」という4つを実現するAIを含んだ包括的ソリューション。インテリジェントであり、セキュアであり、社員の生産性を向上させるためのソリューションと位置づけた。Microsoft 365は、エンタープライズ向けの「Microsoft 365 Enterprise」と、中堅中小企業向けのパッケージ「Microsoft 365 Business」で構成される。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -