ニュース
» 2017年08月17日 16時50分 UPDATE

コグニティブやブロックチェーンは「幻滅期」に 米GartnerのITトレンド分析

米Gartnerは8月15日、技術が浸透するまでの過程を分析した「ハイプ・サイクル」の2017年版を発表。コグニティブやブロックチェーンは「幻滅期」にさしかかろうとしている。

[林雅之,ITmedia]

この記事は林雅之氏のブログ「『ビジネス2.0』の視点」より転載、編集しています。


 米調査会社のGartnerが2017年8月15日、「先進テクノロジーのハイプ・サイクル 2017」を公表しました。

Photo Hype Cycle for Emerging Technologies, 2017(出典:Gartner)

 「過度な期待のピーク期」にあるのが、「Deep Leaning」「Machine Learning」や「IoT Platform」「Connected Home」。「Edge Computing」や「Smart Robot」はこれから本格的な「過度な期待のピーク期」に入ろうとしています。

 「幻滅期」には、「Sofdtware-Defined Securiy」や「Augmented Reality」などが挙がっています。また、これまで注目されてきた「Cognitive Computing」や「Blockchain」などは、「過度な期待のピーク期」を過ぎて「幻滅期」に差しかかろうとしています。

 一方、「黎明(れいめい)期」には、「Smart Workspace」や「Brain-Computer Interface」「Digital Twin」「Serverless PaaS」などが挙がっています。

 2016年にブログで紹介した「先進テクノロジーのハイプ・サイクル2016」では、「Cognitive Experts Advisors」「Machine Leaning」「Software-Defigned Security」が過度な期待のピーク期に位置付けられており、2017年もほぼ同じ位置である「Machine Leaning」は、注目度が高いことが伺えます。

Photo テクノロジーのライフサイクルを5つのフェーズに分けて分析するハイプ・サイクル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ