連載
» 2017年09月06日 12時00分 公開

定時で帰るための作業効率化Tips:[Tab]キーでファイル名の変更を素早く【Windows 10 時短Tips】

本連載では、“名ばかりワークスタイル改革”を強いられている皆さんに、作業効率化に効くWindows 10 Tipsを紹介します。1つひとつの操作で節約できる時間は小さいけれど、たくさんのTipsを習得すればきっと大幅な業務効率化につながるはず!

[阿久津良和,ITmedia]

この連載は

 働き方改革が叫ばれる中、上司は「早く帰れ」というものの、仕事が減るわけじゃないし、早く帰れるわけがない――。この連載は、そんな悩みを持つ人たちのための連載です。紹介するのは、職場で日々繰り返すPC上の作業時間をできる限り短縮するためのWindows 10 Tips。1つひとつの操作で節約できる時間は少ないけれど、たくさんのTipsを習得すればきっと大幅な効率化につながるはず。


 ファイル名を変更するときに、つい[Enter]キーを押して確定していないだろうか。今回の時短テクニックは[Enter]キーの代わりに[Tab]キーを用いる方法だ。複数のファイル名を変更するときに作業を効率化できる。

Photo ファイル名の変更時は[Enter]キーではなく[Tab]キーを使うと、変更作業をそのまま続けられる

ファイル名変更時のカーソルは[Tab]キー&[Shift]+[Tab]キーで移動

 ファイル名を変更する際、多くの人が入力した文字を確定するために[Enter]キーを押すだろう。もちろん対象となるファイルが1つであれば、それで構わない。問題は、複数のファイルに規則性がない名称を付ける場面だ。

Photo ファイル名の変更は、ファイルを右クリック→<名前の変更>かファイルを選択した状態で[F2]キーを押す

 例えば仕事で使った大量のファイルを、社内のファイルサーバへアップロードするとしよう。その際にファイル管理の都合上、ファイル名を変更しなければならないような場面に今回、紹介するショートカットキーを使うと便利だ。

Photo 画面は「新規Microsoft Excelワークシート」のファイル名を編集している状態。名前変更を終えたら[Tab]キーを押す
Photo するとカーソルは「新規Microsoft PowerPointプレゼンテーション」へ移動し、そのままファイル名の編集状態が維持される
Photo 先の手順で[Shift]+[Tab]キーを押すと、カーソルは逆順で移動し、同じくファイル名の編集状態を維持する

 上図で一連の操作方法を紹介したように、[Tab]キーで昇順、[Shift]+[Tab]キーで降順にカーソルが移動する。確認したところ、エクスプローラーの表示レイアウトには左右されず、「一覧」「詳細」以外のレイアウトでもショートカットキーは利用可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -