連載
» 2017年09月14日 12時00分 公開

即席!3分で分かるITトレンド:【図解】コレ1枚で分かる、そんなにすぐには人工知能に仕事を奪われない理由

「やがては人工知能に支配される時代が来る。人間は仕事を奪われる」――。そんな言葉が世間を騒がせているが、果たしてそんなことが起こるのだろうか。

[斎藤昌義(ネットコマース株式会社),ITmedia]

この連載は

 カップめんを待つ間に、電車の待ち時間に、歯磨きしている間に“いまさら聞けない”ITトレンドが分かっちゃう! いまさら聞けないITの最新トレンドやビジネス戦略を、体系的に整理して分かりやすく解説する連載です。「この用語、案外、分かっているようで分かっていないかも」「IT用語を現場の社員にもっと分かりやすく説明できるようになりたい」――。情シスの皆さんのこんな課題を解決します。


 「やがては人工知能に支配される時代が来る。人間は仕事を奪われる」――。そんな言葉が世間を騒がせているが、果たしてそんなことが起こるのだろうか。

 そこで、人間の知性と人工知能によって実現されようとしている機械の知性について、その違いを整理してみることにした。

Photo 人間の知性と機械の知性の違い
Photo

 このように見ていくと、機械の知性が人間のそれとは大きく異なることが分かる。遠い将来、両者の違いを埋めるほどのテクノロジーの進化があるかもしれないが、この両者のギャップを埋めることは容易ではないだろう。

 このように考えると、「人工知能に人間が支配される」ことは当面ないだろう。また、知的仕事の一部について「人間が仕事を奪われる」可能性は否定できないが、それは、そろばんしかなかった時代からコンピュータが登場し、電卓やExcelが登場したと同じように、それらを使いこなす意志を人間が持つことで、仕事の効率を高め、これまでできなかったことをできるようにして、その価値をビジネスや社会に還元することができるようになるだろう。

著者プロフィール:斎藤昌義

book 【図解】コレ1枚でわかる最新ITトレンド [増強改訂版]

 日本IBMで営業として大手電気・電子製造業の顧客を担当。1995年に日本IBMを退職し、次代のITビジネス開発と人材育成を支援するネットコマースを設立。代表取締役に就任し、現在に至る。詳しいプロフィールはこちら。最新テクノロジーやビジネスの動向をまとめたプレゼンテーションデータをロイヤルティーフリーで提供する「ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA」はこちら


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -