ニュース
» 2017年10月12日 12時27分 公開

Amazonの音声アシスタント「Alexa」、マルチユーザー対応に

「Google Home」の“キラー機能”だったユーザーの声による命令者の識別機能が、Amazonの「Echo」シリーズでも使えるようになった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comの「Amazon Echo」などに搭載されている音声AIアシスタント「Alexa」がマルチユーザー対応になった。同社が10月10日(現地時間)に公開したサポート動画で明らかになった。

 競合する米Googleの「Google Home」は今年の4月にマルチユーザー対応になっている。この機能は、オンラインショッピングなどができないGoogle Homeの“キラー機能”の1つだった。

 1台のEchoに複数のユーザーがプロフィールを登録できるので、たとえば「Alexa、母にメッセージを出して」と言うと、そのユーザーの母親だと認識し、メッセージを送る。音楽サービス「Amazon Music」のアカウントを持っていれば、プロフィール設定時に紐付けすることで、「Alexa、音楽を流して」と言うと、そのユーザーのAmazon Musicアカウントの好みに合わせた音楽を流す。Amazonでのショッピングも、各ユーザーのアカウントで、認証コードを言わずに行える。

 alexa 1 ユーザーの声を識別子、提供するサービス内容を最適化する

 Alexaに自分が誰かを認識させるには、Echoの操作に使うモバイルアプリ「Alexaアプリ」で「Voice Profile」を登録する。Voice Profileの設定には10の定型文を読み上げるなど少し手間がかかるが、複数のユーザーを登録できる。

 alexa 2 Voice Profileの設定

 AlexaとEchoシリーズは、年内に日本で発売される見込みだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -