ニュース
» 2017年11月01日 10時01分 公開

Google、Android端末でのBluetoothペアリングを高速化する「Fast Pair」

「Android 6.0」以降搭載のAndroid端末で、Bluetoothイヤフォンなどを手軽にペアリングできる新機能「Fast Pair」が利用できるようになった。まずは「Google Pixel Buds」とLibratoneの「Q Adapt On-Ear」が対応した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは10月31日(現地時間)、Android端末とBluetoothアクセサリーのペアリングを高速化する新機能「Fast Pair」を発表した。「Android 6.0 Marshmallow」以降+「Google Playサービス」の11.7以降搭載の端末で利用できる。

 ただし、Bluetoothアクセサリ側も対応する必要があり、発表時点で対応するのは「Google Pixel Buds」(日本未発売)とデンマークLibratoneの「Q Adapt On-Ear」のみ。間もなく米Plantronicsの「Voyager 8200」シリーズも対応するという。

 fast pair 1 「Google Pixel Buds」

 起動したFast Pair対応アクセサリーをAndroid端末の近くに置くとAndroid端末がBLE(Bluetooth Low Energy)のスキャンを開始し、Fast Pairのパケットを検出するとロック画面に「Tap to pair」通知が表示される。

 fast pair 2

 これをタップするだけで、アクセサリーのペアリングが完了する。

 Googleの最新オリジナル端末「Pixel 2」シリーズにはヘッドフォンジャックがなく、Bluetoothイヤフォンを使うのが基本になっている。

 GoogleはBluetoothアクセサリーメーカーに対し、製品のFast Pairサポートを呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -