ニュース
» 2017年11月17日 09時05分 公開

Facebook、YouTubeのような動画クリエイター支援サイトとツールを立ち上げ

“動画ファースト”を推進するFacebookが、ユーザーなら誰でも参加できる動画クリエイターコミュニティ「Facebook for Creators」を立ち上げ、インサイト機能もある単体の動画製作アプリ「Facebook Creator」をまずはiOS向けにリリースしたと発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは11月16日(現地時間)、一般ユーザーも参加できる動画クリエイターのためのコミュニティサイト「Facebook for Creators」の立ち上げと、動画製作のためのモバイルアプリをまずはiOS向けに公開したと発表した。Androidアプリも間もなく公開するという。

 facebook 1 Facebook for Creatorsのサイト

 Facebookはこのアプリを「Facebook Creator」と紹介しているが、iOSアプリのダウンロードリンク先は本稿執筆現在、2014年に公開した「Facebook Mentions」になっている。このアプリはこれまで、認証済みページを持つ著名人のみが利用できたが、Facebook for Creatorsに登録して動画用のページを立ち上げれば、誰でも使えるようになった。

 このアプリにはスタンプやフレームを追加したライブ動画を配信できる「Live Creative Kit」やFacebookだけでなくInstagramやMessenger上のコメントを一元管理できる「Community」タブ、ページのインサイトなどが含まれる。

 face 2 Facebook Creatorアプリ

 同社のマーク・ザッカーバーグCEOは3日の業績発表で、「すべてのアプリの“動画ファースト”化と向こう10年のロードマップの遂行は着実に進んでいる」と語っており、今回の発表は動画ファースト化の一環とみられる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -